大学生はボランティア活動をしなくていいからお金を稼ごう

Pocket

高校を卒業して大学に入学すると、何か新しいことに挑戦したくなりますよね。

 

大学で部活をするつもりはなく目標もない人はついついボランティアに参加する人はいるのではないでしょうか。



この記事では、意識高い大学生で目標もない学生はボランティアをするよりも自分でお金を稼ぐ経験をするべきだと思います。

 

その理由を僕の経験談をもとにまとめました。

 

僕は大学1年生から1年半ボランティア団体を立ち上げて運営したり、タイの田舎でトイレを作ったり、他の大学生よりもたくさん活動してきました。

 

ボランティアせずにお金を稼ぐことに集中すればよかった。

大学入学直後の熊本地震

 

僕が大学に入学したのは2016年の4月、入学式が終わった数日後に熊本地震が発生し合計数千回以上の地震を経験。

 

実家と祖母の家を数日かけて片付けをしたり、食料が足りなくなると仮定し1日の食事をおにぎりだけの生活をしたのが懐かしい。本震のときはマンションの15階にいたので揺れがひどく死ぬかと思った。

ボランティア団体の立ち上げ

 

大学はもちろん授業はないので学内でボランティアとして働き始めて、毎日継続してボランティアをしていたら、ボランティア団体の立ち上げをしないかと声を掛けられ、子供たちの地震が原因で感じたストレスを解消するための遊びを提供する団体を立ち上げ。

 

このころは何が正解なのか分からず人の為になるならと毎日ボランティア活動をしていました。毎日炊き出しを作って配膳したり、送られてきた物資を運んだり被災者の人に提供したり毎日多忙。

 

よくあんなに働いてたなと思う。

無料はいいことばかりではない

 

大学では無料で物資が支給されていたんですが、大学の向かい側はスーパーなので、食べ物を当たり前ですが有料で販売。

 

消費者はできるだけ安く買いたいので無料の大学側で食べ物をもらう行動をとる。そのせいで大学に避難していない人まで物資をもらいに来ていたし、たくさんのフリーライダーが来るように。

 

さらに大学の図書館の整理をボランティアを募集して、学生を無料で働かせていて特に何か支給されるわけでもない。被災しているときなのでしょうがない部分はありますが一種のやりがい搾取。

 

学生を安く(無料で)働かされてた。

 

そのために集まる人は少なく大学が始めるのは5月末だったと思う。時給を安くてもいいから出せばもっと早く人が集まり早く大学が始まったかもしれない。

無料はいいことばかりじゃないんだと学びました。

 

僕もただ働きしていましたが、あの当時経済学部の教授がバイト代を支給するべきと言っていたことが当時はよく分かってなかった。

経営者の話で価値観が変化

 

ボランティアを1年間したころに、熊本の有名な経営者の方たちと話をする機会があったのですが、僕はそのときに「社長さんはボランティアをしないんですか?」と率直に聞いた。



すると、「僕たちにとって熊本でお金をたくさん使うことが一番の社会貢献になるからただで働いたりしない。僕たちがボランティアをすると偽善だなんだ言われるし」と丁寧に教えてくれた。

 

ボランティア団体として活動するときもお金が必要だし、物資もたくさんあれば言い訳ではない、それなら徐々に復興してきたら経済活動をするので、お金の方が絶対に喜ばれる。

 

経済活動をしてくれないと、お店は潰れるし、みんな生活できなくなる。あのときに丁寧に教えてくれた社長はなんて心が広いんだろうと思う。

ボランティアはみんなやってる

 

就職活動でボランティア活動をしていたと言う人よりも自分で事業を作って売り上げをこれだけ作ることに成功しましたと言われる方が企業側からしたら欲しいんじゃないかな。

 

会社に利益を作ってそうですよね。ボランティアはみんなすることができるけど、一からビジネスを作って成功させるのは難しいし、周りの人がしない分、他の人と差別化をすることがしやすい。

 

ビジネスだけでなく、TOEICで点数を持っていたり、中国語が話せたりプログラミングができるなどスキルを相手に数字や結果としてアピールできるものを作ることをするべき。

 

これは自分を守る錯覚資産になるし、相手が自分を評価してくれやすくなる。

ボランティアよりも他にやることはたくさんある。

お金を自分で稼ごう

 

資本主義社会に僕たちは生きているので生活にはお金が絶対に必要です。

 

それならばまずは自分でお金を稼げるようになって、そのお金でボランティア活動の費用にしたり、募金をする方がたくさんの人に喜ばれる。

 

僕がしていた大学のボランティア団体も支援金をもらって活動していたのでお金がなければ活動できませんでした。

 

だから僕は、自分でお金を稼いで困った人いたときにすぐにお金を出せるような人になりたい。気持ちだけあっても困って人は応援してるとか言われても意味がないですよね。

ボランティアをただするのではなく一度考えてから行動をおすすめします。




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください