地方Fラン大学生の僕がTOEIC900点を取りたい理由

Pocket

こんにちは、かずま(@kaz0901)です。

 

僕は大学3年生で来年度には大学を卒業する予定なのですが、それまでにTOEIC900点以上を取ります。

 

絶対にTOEIC900点これだけは達成したい!!

 

この記事では、なぜ僕はTOEIC900点を取りたいのか、TOEICは無意味だと言う人もたくさんいる中でここまでTOEICに力を入れるのかをまとめます。

 

記事の最後にTOEIC900点取るためにすることと使う教材を紹介します。

 

なぜここまでTOEIC900点を取りたいのか。

 

結論から言うと

日本だとTOEICはすごく評価してもらえるから。

日本人は英語ができない

 

TOEICはほとんどは日本と韓国しか受験しないのですが、日本での英語試験で一番有名なのがTOEICだと思います。

なのでTOEIC満点と聞くと大半の英語ができない人からはめちゃくちゃ英語力を評価してもらるんですよね。

 

僕も英語を勉強する前の大学一年生の頃は、TOEICの点数を持ってる人をめちゃくちゃ英語ペラペラなんだと憧れの目で見ていたのを覚えています。

 

僕の英語力はそこまですごくないですが留学から帰国後に大学の授業で英語を話すとみんなからすごいと言われます。

 

英語が全くできない人からすればめちゃくちゃできる人に見えるらしい。

留学したのに点数が低い

僕は2018年の9月から6ヶ月間をフィリピンの語学学校に留学していました。



初めて受験したTOEICの試験は270点、中学英語をままならないレベル。そこから毎日10はほど勉強しましたが中々点数が上がらずに途中で255点という留学前よりも低い点数を取りながら最後には510点まで点数アップ。

 

 

帰国後から9ヶ月経ったあとに再度受験したら515点と5点だけアップ。

ほぼ伸びていないですね。

帰国後の英語学習が甘かったです。。

 

 

最高得点ですが不本意すぎるし、留学したのにその点数?と言われるので絶対点数取ってやる!

錯覚資産になる

 

これは、以前読んだ

人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

を読んで深く納得したのですが

例えば、政治家でイケメンとおじいさんの二人がいると、容姿が優れているだけで政治的手腕や人柄までもが全体的に優れていると思われやすくなります。

 

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」は一種の資産として昨日するということだ。

本書では、これを「錯覚資産」と呼ぶ。

本から引用

 

錯覚資産が本当に機能するならば、TOEICでも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

TOEICを900点を持っていればある程度は英語ができるイメージを相手に与えることができますし仕事もできる印象を与えることができるかもしれません。

 

学歴がなかったら逆に全て悪く見える錯覚資産になる可能性が高いので、学歴が地方Fラン大学の僕はTOEICの点数ぐらいは取って自分の印象を変えなければいけない

 

地方の偏差値が低い大学に入ったら学生起業とTOEICぐらい錯覚資産を手に入れることが難しいのではないかなと。

 

さらに学歴がないのにTOEICの点数を持っていると最初のハードルがめちゃくちゃ低いので普通以上に評価してくれるかもしれないですね。

 

ヤンキーが優しくしたり、喫煙者がタバコやめたらすごく褒められるけど普通の人が同じことをしても何も言われないことと似てます。

人間ギャップがあると反応がいいんだと思う。

僕もギャップあると好きになりやすい。

 

商社マンのイシコさん記事は錯覚資産にとても分かりやすくまとめてあります。

おすすめです⬇︎

商社マンの僕がTOEIC900点を目指すべきだと繰り返す理由とは?

 

TOEIC900点取るためにすること

TOEIC900点取るために僕が気をつけることはこの2つ

勉強習慣を作る習慣

これが一番大事だと思っていて、僕は去年2019年に筋トレを1年間継続。

 

毎日1時間以内と時間を決めて継続するとこれが習慣にになり身体を激変させることに成功。この経験から勉強を習慣にしてしまえば苦痛に感じずに勉強できるなと。

 

 

1年間でここまで身体を変えることができました。

毎日無理をせずに楽しく勉強を継続しようと考えていて、

 

「やることを絞り、大きな目標をたてない」

 

これを意識して筋トレは成功したので、英語学習にも活かす。

携帯電話を触らないようにする

 

悪いくせで常にスマホを触るんですよね。

これも積み重ねると膨大な時間になるので、時間制限をかけて、特にSNSを触る時間を減らして勉強に充てる時間を確保。

 

自分に厳しく…

使う教材

使う教材は基本こちらの3つ。

TOEIC公式問題集

 

TOEICの問題形式そのままで2回分入ってる問題集が本屋さんやアマゾンに売ってあるのでそれを購入して試験前1ヶ月ほど解きまくる。

 

問題をたくさん解かないと問題の傾向も分かりませんし、問題に慣れることができないので試験前は試験当日と同じ形式で何度も問題を解こうかなと思ってます。

アプリのabceed使う

携帯のアプリabceedではTOEICを始めとする英語学習をスキマ時間に携帯一つでできちゃうのでとても便利。

 

 

単語帳の一問一答だったり、パート5の文法問題の一問一答を手軽にできるので時間がない日でも一日5分は必ず勉強が可能。

 

 

スキマ時間の勉強はこのabceedでしよう。

チョイミライで勉強する

 

ツイッターで見かけて、以前に英語で絵本を英語で読む多読プログラムを購入して実践したサンミンさんがされているサービスのTOEIC版購入。

 

サンミンさんは韓国の方で日本語はネイティブレベルに話せますし、TOEICは最近受けた試験では990点の満点。

 

ツイッターでは英語で情報収集をして日本語で分かりやすく海外の情報をツイートしてくれます。

 

購入した多読の記事はこちらから読めます。

多読して英語力を伸ばすなら教材は絵本です【オススメはこれ】

 

オンライン完結なので自宅で一人で勉強できるしテキストがないので、出先でも学習できるので普段はこちらを使って勉強したいといます。

 

最近はサボり気味で全くなのでそろそろ自分に発破をかけて勉強する。

まとめ

今年は大学卒業まであと1年になったので卒業までにTOEIC900点以上を取って自分が誇れるものを自分で掴む。

 

学歴がない分、自分が頑張らないといけないと思いますし将来は海外で働きたいので絶対に学生の間にTOEIC900点を取ってTOEICから卒業します。

 

みなさんも一緒にTOEICを頑張ってみませんか?




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください