TOEIC650点を3つの方法で目指します【期間は1ヶ月】

Pocket

こんにちは.橋本一馬(@kaz0901)です.

2018年の5月26日のTOEICで650点を目指すために1ヶ月間で僕が行うことをまとめた記事.

 

僕の前回のTOEICの点数は2019年1月に受験して510点です.

 

 

この点数は半年間のセブ留学でTOEIC270点から240点あげた点数なので点数をあげるのにとても時間がかかりました.

しかし今回の試験では1ヶ月で140点アップを目指したいと思います!!

なぜTOEICを受けるのか

TOEICは正直興味がありませんが日本では点数が高いと評価されやすいですし学歴が高い訳ではないので点数を所持することで就活のときに学歴をカバーできるかなと考えられますね.

 

 

TOEICで点数があるとTOEICで仮に900点取れるぐらいの勉強をする力があるという裏返しです.

学歴がないならTOEICや他の評価されるポイントがないと人と差別化出来ません.

学歴もないしTOEICでも点数取れない,他の実績もないのに「学歴差別するな」は甘えな気がします.

どうせ評価されるなら学歴ない人はなおさら早めに点数を取ってしまおうよて話.

また履歴書にかける最低の点数600点もないのでまずは点数を取りたい.

僕も今年中にTOEICで900点台を取ることが目標.そこからはスピーキングやライティングを中心に勉強したいと考えています.

今回の僕の勉強方法

今回の僕の勉強方法は3種類の勉強方法に絞って勉強したいと思います.

金のフレーズで単語を暗記

僕が行うひとつの勉強方法は単語帳の暗記です.

今回僕が使うのが金のフレーズという単語帳.

TOEIC L&R TEST出る単特急金のフレーズ

セブ留学中は銀のフレーズという同じシリーズのレベルがひとつ低い単語帳.

留学中に失くしたのとだいたい銀のフレーズは暗記が出来たので今回は金のフレーズを使って単語を暗記したいと思います.

でる1000で問題を解きまくる

そしてでる1000という問題集を解きまくります.

この問題集は僕の苦手な文法問題に特化した問題集で品詞別に問題がまとめてあるので苦手なところを中心に勉強できるところが特徴.

今回は前回点数を取れなかったパート5を中心に勉強して点数アップを目指します.

TOEICの模擬試験をといて慣れる

TOEICは2時間休憩なしで問題を解かなくてはなりません.

なので問題に慣れる必要性があります.

試験2週間前にテキストを購入して時間を測って試験さながらに解く予定です.

模試はこの種類のテキストを2冊購入します.

公式TOEIC Listening &uReading 問題集4 

 

 

TOEICテスト公式問題集

TOEICに向けた戦術

僕がTOEICを受験するために行う戦術があります.

基本は上記の3種類の勉強法でTOEICを受験するつもりですがその勉強をするための工夫をいくつか紹介します.

勉強する時間を決めておく

僕はグーグルカレンダーで毎日やることを記録しています.

その時間になったらカレンダーに書いてあることを実行するようにしています.

理由としては毎日,毎時間に何をするのをなんども考えるのがめんどくさいから.

 

 

人間は選択と決断をなんどもしてしまうと脳が疲れてしまうのであらかじめ勉強する時間を固定することによって勉強をする時間や勉強する内容を決める必要がなくなります.

学習計画を作る

僕がセブ留学していたサウスピークでは自分の学習計画表を作成してそれに沿って学習していました.

学習計画表を作ることでいつ復習すればいいのかを把握することが出来ます.

 

 

これも勉強に対する迷いを消して効率的に勉強をするためのものなので学習するときには必要.

帰国してからもこの学習計画表は使いやすいので使っています.

でる1000は模試から解く

でる1000は文法の問題集ですがその中でも品詞の問題,代名詞の問題などいくつかの種類に別れています.

 

自分の苦手をしるためにもまずは【文法模試】セット問題に取り組んで自分の苦手を把握してから苦手な問題を中心に解きたいと考えています.

 

 

でる1000は問題の種類を分けてあるので自分の苦手なところが分かればその種類を中心に問題を解けば苦手を克服できるかなと.

 

苦手を把握して苦手を徹底的に解く.

模試は時間を測って解く

これは当たり前ですが模試を解くときは時間を測って試験と同じ環境で問題を解くことを意識します.

時間を測って解くことで時間感覚を掴むことが出来ますし,試験前に模試を解くことで問題に慣れることが出来ます.問題に慣れると本番で焦らなくていいので模試をといて本番に備えます.

まとめ

次回のTOEICまでにする勉強と戦術は以下の通りです.

 

勉強法

金のフレーズを暗記する

でる1000を解く

模試を解く

戦術

勉強する時間を決める

学習計画を作る

でる1000は模試から解く

時間を測って模試を解く

この2つを実行してTOEIC510点から650点を目指します.

試験結果がわかり次第結果をブログにまとめるのでチェックしてみて下さい!

 

今回は以上になります.

関連記事はこちら

短期間のセブ留学で結果を出すには日本でTOEIC500点取ろう




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください