2019年12月のTOEICの結果を分析してみた

Pocket

こんにちは、かずま(@kaz0901)です。

 

僕は、フィリピンに半年間留学した経験があり、この記事を書いている日で英語を勉強し始めてから一年半ぐらい経過。

 

自分の中ではある程度英語を話すこともできるようになったし、文章も読めるようになりました。その根拠としてアメリカ人の友達が地元で作ることができ、食事をしに行ったりボルダリングをしに行ったりするようになりました。

 

そのときも相手が話している内容を理解することができますし、ある程度自分の意見を伝えることでできています。

 

しかし

TOEICの点数だけは全然伸びなくて悩み中。

 

2019年の12月のTOEICが返却されたので結果をこの記事で分析します。

前回のTOEICの結果

前回のTOEICは2019年5月に受験。

 

留学から帰国してから2ヶ月後に受けたのですが、その時の点数が405点と留学当時よりも点数が悪くなっていてすごくショックを受けました。

 

両親からは「留学に行った意味がない」「結果を出せ」と散々言われ、大学でも友人からTOEICの点数を聞かれたときはとても言いづらかったです。

 

 

文法が定着しておらず、いつもpart5の正答率が悪い。

文法問題は一番点数が取れやすいと言われているパートですが僕はいつも点数が取れません。

 

特にリーディングが課題。

12月のTOEIC結果

そして12月のTOEICの結果がこちら

 

515点と前回よりお110点アップ、さらには自己最高点を5点更新しましたが、点数が低すぎ。

 

この点数では本当に留学に行ってたの?と疑いたくなる点数。

 

僕と同じ時期にサウスピークに留学していた人たちはみんな700点から800点オーバーの人ばかりで自分だけ取り残された気分で辛い。

リスニング

リスニングのアビメはこちら

 

全ての項目で50%以上超えていたので一安心。

しかし、正答率が安定しないので、一つの項目以外は80%を下回る結果に。

リーディング

次にリーデイングの結果がこちら

 

語彙が平均の59%を大きく下回り36%、さらに文法も38%と4割も取れていない。これでは300点も絶対取れないので勉強方法を変える必要が大あり。

 

正直金のフレーズをめちゃくちゃ覚えていたのにこれぐらいしか点数が取れていないのはどれだけ自分の記憶力がないのかと絶望してます。

これからの対策

ここからはこれからの試験対策に方法についてまとめていきます。

移動中に英語の音声を聴きまくる

 

個人的にはリスニングは慣れだと思っていて、英語の音声を聴きまくるのが大事かなと。

 

リスニングは何も勉強していないので320点は取れているので、公式問題集のリスニング問題を何回も解くのと音源を移動中になんども聞くことに集中したいと思います。



ポイントは同じ音声をなんども聞くことで、使われてるフレーズを覚えるぐらいまでにやり込む。

 

文法をもう一度復習する

リーディングの対策として文法をもう一度復習すること。

 

留学当時使っていた文法のテキストがあるのでこれをもう一度復習して、復習した文法を使って自分で文章を作る練習を毎日していく。

 

おそらく一日に3つ以上はするぐらいハードルを下げて継続していきたい。

英単語帳を時間を決めて暗記

 

英単語の暗記は解くに大事だと思っているので、これまで通り使っていた金のフレーズを暗記し直す予定です。

 

朝起きてから10分間と寝る前の15分間は金のフレーズをすることを決めて継続していく。

 

筋トレを1年間継続できたのは、1時間以上は筋トレせずに集中力が切れたら5分でも変えるとめちゃくちゃ筋トレのハードルを下げたことで継続して結果を出すことができたので、この成功例をそのまま英語学習に使ってみる。

英語で日記

 

そして最後に英語で日記を書くこと。

 

これは留学していたとき始めたことなのですが、英語で日記を書くことで自分が覚えている文法やフレーズをアウトプットすることができるのでこれをまた再開して継続する。

 

日記を書いたらネイティブに添削してもらう予定。

 

添削はlang-8というサービスがあるのでそれに課金をして添削してもらいます。年間6000円ぐらい払えば添削してくれるのでおすすめ。

 

無料でもできますが、添削される確率が低く、添削されるために自分も日本語を添削しないといけないのでめんどくさい。

 

ここはお金を払ってやる。

まとめ

目標は2019年12月までにTOEIC900点。

 

今年の4月にTOEICを再受験を予定してます。それまで3ヶ月ほどあるのでできるだけ勉強して、目標は700点以上は取ること。

 

4月の結果がわかり次第ブログでまとめます。

 

絶対に今年中に900点を取る。




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください