TOEICを1ヶ月半この勉強方法で準備【使うのは2つ】

Pocket

この記事を読んでいるということは、TOEIC受験予定え1ヶ月前は何をすればいいのか分からないという方ではないでしょうか。

この記事は僕(@kaz0901)が2019年12月15日のTOEICに向けてどういう勉強方法をするのかをまとめていこうと思います。

予定では毎週どのぐらい勉強したのかを記事でまとめていこうかなと思っているので、他の記事も参考にしていただければ嬉しいです。

僕のTOEICの現在の点数

最初に僕は今どのぐらいのTOEICの点数を持っているのかを確認。

現在の僕のTOEICの点数は510点。

大学生の平均ぐらいの点数

 

これでも留学して英語初心200点以上アップして日常会話なら話せるぐらいにはなりました。

TOEICの点数は伸ばすのに時間がかかります。

留学後にTOEICの勉強をしていなかったら点数が下がって400点台まで落ちてしまいました。

直近の点数は400点前半。

ここから200点以上、あわよくば300点アップを目指します。

留学から帰国後も毎日英語の本を読んだりオンライン英会話をしたりと英語には触れており以前よりも知識はあると思うので本気を出せばいけるんではないかと考えています。甘いけど。

僕のTOEIC勉強法

僕がこの記事を書いてるのが試験まで残り45日。

時間が少ないですが、今年最後の試験ということでいい結果を出してから新年を迎えたいと思って受験を決意しました。

僕が今回TOEICの試験で使う教材はこちらの2つ。

僕が使う予定の教材

・金のフレーズ
・公式TOEICの模試

金のフレーズ

まず一つ目は単語帳の金のフレーズ。

TOEICの勉強している人がたくさん使っている

TOEICを受験する方で使っている方がとても多い人気の単語帳。
僕が留学していたフィリピンの語学学校のサウスピークでも推奨されていた単語帳。

知らない単語はあると読めないし聞けないので単語力は必要不可欠。
いろんなものに手を出して中途半端になるのを防ぐために単語帳はこちらの金のフレーズを試験までに何回も何回も繰り返して確実に知っている単語を増やそうと思います。

 

TOEICの模試

2つ目はTOEICの模試です。

一年ぶりの購入してみた

 

これまで5回ほどTOEICを受験したことがありますが、TOEIC前に模試をほとんど解いていませんでした。

さらに、未だにTOEICの問題形式に慣れていない感覚があるので2冊の模試を購入。

TOEICには決まった問題形式があるので今回は、試験前に模試をたくさん解いて問題形式に慣れるのが狙い。

TOEIC前の勉強法

僕がTOEIC1ヶ月半前からする予定の勉強方法をまとめていきます。
やることは上で紹介した2つ。

金のフレーズを1週間で5周

まず金のフレーズについて。

単語力に不安があるので金のフレーズを1週間で5周を目標に使います。

以前もこちらの単語帳を使用したことがあるので、前半の単語はある程度知ってると考えられるので単語帳の回転スピードは早くできるかなと。

そして、英語学習YouTuberのAtsuさんは単語一つに時間をかけずに何周も繰り返してなんども単語に触れることで最終的に単語を覚えている状態を作るべきと話されていました。

 

有名なエビングハウスの忘却曲線でも人間の記憶力は乏しく繰り返し復習しないとすぐに人間は忘れてしまうことが分かっているので何周も繰り返して同じ単語に触れる回数を増やしていこうと思います。

1週間で5周なので、45日間で32周を目標に単語帳を使っていく予定。

周回が増えるごとに覚えている単語は増えていると思うので、回転スピード1週間目と最終週を比べるととても上がっていると思います。

一つの模試を3回解く

次にTOEIC模試について。

今回TOEICのテキストを2冊購入しました。
一つのテキストに2つの模試が入っているので、合計で4種類の模試があります。

一つの模試を3回、合計12回の模試を解いて本番に備えます。

1回目は、本番と同じで時間で解いて自分の時間内で解ける実力を把握。
これがある程度の自分の現在のレベルかなと思います。

1回目は477.5点ここから200点以上あげる

 

久しぶり解いたら500点切っていました。

どこを修正して行けばいいのか対策を立てたのでこれから頑張ります。

2回目は、時間を計らずにじっくりと模試を解く。
これで、時間関係なく本当の問題を解く自分のレベルを確認する予定です。

この方法は上記で紹介させていただいたAtsuさんが動画で紹介されていました。

3回目は復習した後にもう一度解こうかなと思います。

この方法で、自分の本当の実力と時間制限をかけられた自分の実力のギャップを確認することができるかなと思っています。

このギャップをどうやって埋めればいいのかを自分で模試を解いた後に分析をするのが大切。

この分析が終わった後に時間を測ってもう一度解き直して点数の差を確認。これを4つの模試があるので4回繰り返そうかなと思っています。

勉強方法以外ですること

次に勉強方法意外にすることとして3つ紹介させていただきます。

移動中はイヤホンでリスニング

これは僕が留学中にしていたことなのですが、できるだけ英語に触れている時間を多くするために移動中はできるだけイヤホンで英語のリスニング問題や英語で話されているユーチューブなどを常に聴きます。

時間がないので、できるだけ時間の無駄をなくして行くことが目標。

早起きをする

2つ目は早起き。

TOEICの試験は午前中にあるので、早起きをする習慣をつけたいと思います。

また大学に行く前の時間を有効活用することで勉強時間を確保したいのでこれは徹底していくつもりです。

夜は授業を受けた後で疲れて頭が働いていないし、夕方からバイトもあるので朝の時間を最大限に活用する予定。

テレビ・ユーチューブ・SNSを見ない

僕が留学しているときに点数が一気に上がった時期がありました。

それは携帯が壊れて1ヶ月間使用していなかったとき。
留学中はテレビを見る時間がなく英語だけに集中できる環境でしたが携帯をつい触ってしまっていました。

時間制限をかけて見ないようにする

 

以外と携帯を使用している時間が長いのでその時間を勉強時間に全て当てるぐらいの気持ちで取り組もうと思います。

携帯のアプリに時間制限を作ってこれを実現させます。目標は一日の使用時間を1時間以内に控えたい。留学中は1ヶ月300時間以上していました。

それではTOEIC900点どころか800点も取れていないので、誘惑のある日本では自制心が大事になるので自分に勝ちたい。

まとめ

最後に僕が45日間で何をするのかをもう一度まとめます。

TOEICに向けて使う教材

・金のフレーズ
・TOEIC模試

勉強方法
・単語帳を1週間に5周する
・模試を3回ずつ、計12回解く
勉強以外にすること

・移動は常にイヤホンでリスニング
・早起きをする
・テレビ・ユーチューブ・SNSを見ない

これを徹底してどのぐらいTOEICの点数が伸びるのか検証していきます。




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください