サウスピーク6人部屋に半年間留学したメリットとデメリット

Pocket

こんにちは.橋本一馬(@kaz0901)です.

僕はフィリピンのセブ島にあるサウスピークに半年間の語学留学をしました.

 

半年間の語学留学で最初は「Yes」としか答えられなかったしTOEICでは200点代でしたが,留学終了後はしっかり自分の意見を答えることができるようになりましたし,TOEICでは240点以上アップしました.

 

まだまだ帰国後も勉強中ですが,留学前よりも自分の英語に自信がつきました.

そこで今回はサウスピークに半年間留学した僕が6人部屋に留学するメリットとデメリット,そして次に僕が留学するならどの部屋に留学するかをまとめたいと思います.

半年間生活した6人部屋

僕は半年間サウスピークの6人部屋で生活していました.

僕はオリジナル校の6人部屋で部屋はこんな感じ

部屋の形は部屋ごとに違います.

僕の部屋は縦に長い長方形の部屋で写真の後ろにシャワーとトイレがあります.

 

机は一人ひとつあって十分に勉強できるスペースがあります.

 

 

ベットはカーテンがついており最低限のプライバシーは確保できます.

 

トイレとシャワーは同じでシャワーの横にトイレがあります.

 

 

 

 

正直日本よりも水圧は弱いですが特に不便を感じることはありません.

 

 

 

トイレは洋式ですが,日本と違うのが使った紙を水に流すことができないこと.

フィリピンでは使った紙はこの黒い箱に入れます.僕は日本にいるときの癖で水に捨ててしまい手で何度もとりました.

今となればいい思い出ですが,この習慣になれずに苦労しました.

6人部屋のメリット

6人部屋のメリットはたくさんあります.

費用が安い

まず第一に費用が一番安いです.

3ヶ月間オリジナル校に留学するなら3人部屋よりも6万5,000円ほど安くなりますし,一人部屋と比べると16万2500円も安くなります.

費用を抑えてサウスピークに留学したい人は6人部屋がオススメです.もしTOEIC600点以上持っている人はEOP(日本語禁止校に留学すると1週間で5000円さらに安くなるのでそちらが一番費用を抑えられます.

たくさんの人と関わることができる

(今でも連絡をとるioriさん)

6人部屋で長期間生活をしているとたくさんの人と生活をすることになります.

留学が半年の人も1ヶ月の人も中には2週間だけの人もいるので本当に毎日が一期一会です.いろんな職業の人や面白い人もいるので毎日が新鮮です.これは一人部屋では絶対ありえないことです.

僕は今でもルームメイトと連絡をとっていますしとても刺激になっています.

 

朝起きれなくても起こしてもらえる

朝が苦手な人は一人部屋はやめたほうがいいかもしれません.

サウスピークでは授業に10分以上遅刻すると授業を受けることができずにペナルティーが課せられます.

授業2回遅刻でイエローカード,4回遅刻で退学になるので自己管理ができないとすぐに退学になってしまいます.

なのでルームメイトがいれば起こしてもらえるので朝を心配する必要がありません.

 

部屋の鍵を無くしたときに鍵を借りることができる

部屋にはカードキーを使って入ることができますがたまに鍵を部屋におきっぱなしで授業に行ってしまい部屋に入れなくなることが何回もありました.

そのときにルームメイトがいるとカードキーを借りることができるので安心です.もし一人ならスタッフに行ってマスターキーで開けてもらう必要があります.

その手間が省けるのでルームメイトがいるとありがたかった…

6人部屋のデメリット

いびきする人がたまにいる

たまにいびきがすごい人がいます.

そのおかげで寝ることが難しいことがたまにありますがほとんど勉強に疲れていびきを気にしないで寝れるのできになる人は留学前に耳栓とアイマスクを準備して留学することをオススメします.

片付けない人がいて困る

たまに部屋の片付けが苦手な人がいるのでそのときはきれい好きな僕は困りました.

他の人の物と自分の物が分からなくなるので自分の机やベット,使わないならスーツケースにいれて無くならないようにしましょう.

風呂やトイレの時間がかぶる

ジムに行くようになってからは5時からジムでトレーニングをして食事を済ませた後の7時前にシャワーを浴びようとしたらルームメイトとシャワーの時間が被ってしまい汗をかいた状態で20分ほど待たないといけないことが何度かありました.

ルームメイトが多いとシャワーやトイレの時間が被らないように行動をする必要性があります.

人の流動性が激しくて疲れる

早い人で2週間や1週間で卒業する人もいるので毎週「初めまして」を繰り返すので疲れます.

その度に部屋や学校の説明をしないといけないので大変でした.

部屋で勉強しづらい

部屋で勉強していると早い時間から寝る人もいれば片付けをしている人,シャワーを浴びている人,話に盛り上がっている人もいるので部屋で勉強するのは難しいですね.

部屋で集中して勉強したい人は一人部屋が向いています.

僕が次に留学するなら3人部屋

もし次に僕が留学するなら3人部屋に留学すると思います.

 

 

(3人部屋の様子)

一人だとに寝坊したときは誰も起こしてくれませんし人と部屋で人と関わることが極端に減ってしまうので出会いということに関していうととても機会損失をしてしまいます.

食事や休み時間のときに話すことは出来ますが,留学中はみんな勉強しているので中々ゆっくり話すことはあまりありません.

なので間の3人部屋だと人と話すことも出来ますし,3人部屋だとあまりルームメイトがすぐに卒業せずに2,3ヶ月間の滞在が多いのでメンバーが固定され気疲れをあまりしない.

僕が思う部屋の選び方

僕が考える留学するときの部屋の選び方はこちら

 

  • 費用を抑えたい
  • たくさんの人と関わりたい

→6人部屋

 

  • 長期滞在で繋がりも作りたい人
  • 一人部屋は嫌だけど費用も抑えたい

→3人部屋

 

  • 自分の部屋で集中して勉強したい
  • 完全プライベートな空間が欲しい
  • 自己管理を完璧にすることがある
  • お金に余裕がある人

→1人部屋

 

ぜひ参考にしてみてください!!

関連記事はこちら

僕の半年間のセブ留学費用は180万円【内訳公開します】

サウスピークに留学してもスピーキング力は付きません【理由付き】

【後悔】サウスピーク留学の失敗は事前学習が足りなかったことです




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください