大学生で奨学金を借りなかったことをめちゃくちゃ後悔してる話

Pocket

ニュースで奨学金破産などのニュースをみたことがあるのですが、僕は大学生は借りれるならば奨学金を借りるべきという意見。

 

僕はありがたいことに両親が学費を全て出してくれた上に実家から大学に通っていたので奨学金を借りたことがありません。

 

これは幸せなことかもしれませんが、今思うと奨学金を借りておけばよかったなとつくづく思ってます。

まだ大学生の人、これから大学生の人は絶対に奨学金を借りた方がいいよ。

バイトをたくさんしないといけなかった

僕は奨学金を借りていないので、お金を稼ぐためにバイトをしていたし、今でもしています。

 

大学に入学したときにお金の稼ぎ方はバイトしか知らないので、友達の紹介で居酒屋のバイトをしましたが時給は700円。

 

2ヶ月目からは750円になりましたが週4日働いても5万円を超えたことがなかったんです。

 

それ以外にも時給のいいバイトもしてきましたが、時間給なので働いた時間のお金しかもらえません。

 

もし奨学金を借りていればバイトの時間はないのでたくさんの時間を作れます。

 

もっと他に時間の使い方が絶対にあった。

 

たまには仕事をしながら学ぶことがあるとか社会経験ができるから無駄ではないと言われることもありますが正直バイトで学ぶことなんてそこまでない。

なんでも経験すればいいというものではないし、バイトで学んだことは遅刻しないとかコンビニと飲食店の言葉使いは違うことが分かったぐらい。

 

本当に奨学金を借りておくべきだったと思います。

奨学金はいい借金

奨学金は他の借金よりも金利が安い。

 

無利子の奨学金もありますし、学生支援機構の奨学金はほとんど金利が1%超えないし、そこまで支払いが増えることはないので使い方によってはとてもいい借金だと思う。

 

大学卒業してお金を銀行に借りる方が金利が高いし、消費者金融にお金を借りたらめちゃくちゃ金利が高いのでそれに比べるとめちゃくちゃお得にお金を借りることができる。

 

高校の頃から借金はできるだけするなと言われていたので、奨学金に悪いイメージしかなかったですが、今思えばお金を借りておけばそのお金でいろんなことができたなと後悔。

 

人生の中で一番いい借金じゃないかなと思ってます。

自分のために時間を使える

 

奨学金を借りれば、バイトをする必要がないので時間がたくさん作れます。

 

その時間で英語を勉強してTOEICの点数をとれば就活のときに有利になれますし、プログラミングを勉強すればエンジニアとして働くことでいい給料で働くことができる。

 

僕が留学していたフィリピンのセブ島にある語学学校サウスピークが出してるTOEIC295点からTOEIC900点まで取るまでの勉強時間は2750時間。

毎日5時間の勉強を1年間しても1825時間なので相当時間がかかります。

 

 

バイトを毎日していたら絶対にここまで時間を作ることは難しい。

 

バイトの時間を減らして自分の市場価値をあげるために時間を使うと後からたくさん稼ぐことができるので目先の給料を取らなくて済みます。

借りれるなら奨学金は借りよう

将来的に成功したい、お金が稼ぎたいならば奨学金を借りて勉強してスキルを身につけたり、自分でお金を稼げるようになるべき。

 

これ以上ない、いい借金ができるならお金を借りて未来の自分に期待できるように今の時間を自分の価値が上がることに使おう。

 

奨学金借りればよかった本当に..




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください