サウスピークに留学してもスピーキング力は付きません【理由付き】




Pocket

こんにちは.橋本一馬(@kaz0901)です.

みなさんは留学をしたら英語力が上がって英語がペラペラになると思ってませんか?

今この記事を読んでいる方はセブ島にあるサウスピークに留学を考えてる人や留学してからスピーキング力が上がるのか気になる人だと思います.

男の子
サウスピークは本気留学の学校だしスピーキング力もめちゃくちゃ伸びると思ってるけどじっさいどうなのか教えて欲しい

そこで今回はセブ島にある語学学校にあるサウスピークでスピーキング力は向上するのかをまとめていきます.

結論:スピーキング力はつかない

結論をいうとほとんどの人が話せるようになりません.しかしこれは訳があるので後から説明しますね.

まずサウスピークの留学で英語が話せるようになる人の特徴からまとめまていきます.

スピーキング力がつかないの特徴

日本人としか話さないから

サウスピークは日本人の英語力を上げるための学校なので生徒さんは全て日本人です.日本語で書いてある教科書を使い,英語を勉強します.

そのため,1日2回の50分授業で英語を使って話す以外で自分から英語を使わないと英語を使って話す機会が全くありません.

正直日本語だけで問題なく生活できてしまいます.

授業以外の時間は基本自習ですが,テキストを使ってインプット重視の学習なので話す機会はないです.

フィリピン人講師に自分から話しかけて英語を使ってみないと日本語しか毎日使わないので,英語を話せるようになる訳がありません.

僕も留学4ヶ月目から講師とたくさん話すようになってから話せるようになってきたので日本人としか話さないなら英語はうまくなりません.

机上の勉強しかしていない

サウスピークは1日10時間以上全ての生徒が勉強をします.

なので基本授業がない時間は次の授業も予習もしくは授業の復習をしているのでどうしてもテキストとにらめっこする時間が多くなりがち.

英語勉強してもアウトプットする時間を作ることができずに英語を使って会話をすることがどうしても難しくなります.

僕と同じ時期に留学していた人でも全く英語で自分の気持ちを伝えることができずに「Yes」としかいつも言えていない人がいたので英語を使ってみることは大切かなと思います.

そもそも英語の基礎がない

そして最後にそもそも英語の基礎がなくて話すことができない人.

留学当初の僕がそうでした.心の中では講師と話してみたいけど英語でなんと言えばいいのか分からずに講師と話すことに苦手意識をもってしまい話す機会をなくしていました.

(留学当初の僕,知識がないのでひたすらアウトプット)

話せても同じような文法と単語しか使えないのでほぼ話が続かないのが現状でした.

スピーキング力がつく人の特徴

次に英語が話せるようになる人の特徴をまとめていきます.

もしこれから留学する人はこのことを意識すると英語を話せるようになりやすいのかなと思うので実践してみてください.

講師と積極的に話してる

英語を留学前よりもすごく話せるようになった人の特徴で一番はこれです.

圧倒的に他の人より講師と一緒にいる時間が長くその分講師と英語で会話する時間が長い.

なので毎日の生活でたくさんのアウトプットが可能になりその度に講師が英語を改善してくれるのでトライ&エラーを繰り返すことで徐々にスピーキングスキルが向上します.

1日一つ新しい単語や言い方などを試してみると徐々に力がついて行きます.僕が留学中は新しく覚えたことを講師に頻繁に使っていました.

 

サウスピークにはEOPラウンジという場所がありそこでは英語でしか話すことができません.ここに英語を話したい人たちが集まって英語で話します.

(EOPラウンジ)

(中の様子)

英語を話せるようになる人たちはたくさんこの場所を使っています.

現地の人に自分の英語を試してる

フィリピン人講師は日本人の英語に慣れているところがあるので,たまには外に出てみて自分の英語が通じるのかを試して見るのもオススメです.

僕はサウスピークオリジナル校の近くにあるシャワラマという店に何回も通っていたんですが,そこで覚えた単語や文法,言い回しなどを使ってみていました.

(100回は行ったであろうシャワラマ)

並んでいるときにメニューを渡されたときに「I have already decided. 」など言ってみたりしてちゃんと言えたときはとても嬉しかったです.たまに新しく覚えた英語を使っていました.

留学最後の方には現地の友達もできましたし英語を話す機会をたくさん作ることができたのでいい循環を作ることができたのかなと思っています.

(現地で仲良くなったKaye)

,ボーリングに行ったり買い物したりして自分の英語を使ってなんども話した.

英語で文章を何度も作っていた

僕と同じ時期に留学されていた方で毎日スピーキングの授業をとっている方は,毎日講師と話す内容を決め,文章を作り暗記して講師に話してました.

なので毎回講師から文法ミスを訂正してもらって授業で話す練習をする.

そして他の先生にも英語で積極的に話してました.

その方はめちゃくちゃTOEICの点数が高い訳ではないですが他の生徒よりも圧倒的にスピーキング力が高かったです.

 

その人の秘訣は文章を作って実際に使ってみること.

文章を作って講師に添削してもらい改善されたところを復習して覚えるの繰り返し.

 

またその方は月に2回行われるスピーチコンテストに参加して自分のスピーキング力の効果測定を行っていました.スピーチコンテストでは優勝されてました.

僕のオススメは英語で日記

僕がスピーキン力を伸ばすために行ったことは毎日英語で日記を書くこと.

毎日英語で日記を書くと自分が使える単語,文法がはっきりしてきます.書き終わったら講師にみてもらい間違ってる単語や文法を訂正してもらいます.

これを毎日続けます.

 

これが僕が書いている日記です.簡単でもいいので毎日書く習慣がつくと英語で考える時間を作ることができるのでとてもいい勉強になる.

留学が終わって日本に帰国してからは英語を使う機会が本当になくて英語で日記を書く習慣は一種の勉強になっているのでこれからも続けたいと思ってます.

添削してくれる人がいない場合

日本で自分で英語で文章を作っても合ってるのか分からないから誰かにみて欲しいという人もいると思いますが,そんな方はLang-8というサービスを使ってみることをオススメします.

 

 

 

Lang-8は無料の添削サービスで言語を学びたい人どうしが自分の母国語を学んでいる人の文章を添削してあげます.添削するとポイントがついて自分の文章を投稿したときに添削されやすくなります.

 

 

また年間いくらか払えば自分から添削しなくても自分の投稿は添削されやすくなるのでこのサービスがいいなと思ったら有料会員になるのもいいんじゃないかなと思います.

ちなみに僕は有料会員で,ここに書いた日記を投稿して,添削してもらった文章を講師にチェックしてもらっていました.

サウスピークのスピーキングクラス

サウスピークにはスピーキングクラス(通称Sクラス)があり,自分の好きなタイミングで受講することができます.

授業の前に自分で決めたトピックについて文章を書いて,授業で添削してもらいそのトピックについて話す授業.

僕の最初の授業で作った文章がこちら

 

頑張って長く文章を書いていますが,テキストに載ってた分を真似して書いたのが3分の1ほどで使ってる単語も文法もすごく簡単なものしか使えていません.

 

しかし留学の最後の方になるとこんな感じの文章が作れていました.

添削は多いですが,書いてる文章の量,使ってる文法や単語の量も増えていました.

授業でも講師と話が詰まってしまうことがほとんどなく50分間ずっと講師と話していました.

スピーキング力を高めたい方は積極的に取ることをオススメします.

自分の英語を話してアウトプットする場所を作ることはスピーキング力を向上するには必ず必要です.

自分で話すことを意識しないとスピーキング力はつかない

留学してもネイティブと同じぐらい流暢に話すことはとても難しく時間がかかります.

しかし留学中に自分で英語を話す機会を作って積極的に話すことで自分の意見を伝えることができるようになりますし逆

に自分から英語を話さないとアメリカに行こうがフィリピンに留学しようがおそらく英語は話せません.

 

 

ツイートをみてもらえたらわかる通り,4ヶ月留学していたちゃこ(@chakon_0903)さんも半年間留学していた僕も全くペラペラになれてないです.でも確実に自分の意見を話せるようにはなりましたし留学前と比べれば別人です.

英語は継続しかないし使わないと上手くならないなと半年間に留学で痛感しました.

だから英語が話せると日本では有利になるんだなと.

どこの語学学校にいってもいいですが留学するならしっかり勉強ができる環境が整ってるところに留学する方が勉強の効率がとてもいいので留学するときは学校の特徴や実績を調べてみてください.

英語がペラペラなんて幻想です.幻想は忘れましょう.しかし幻想ですが,英語を勉強してもっと上手くなる努力は必要なのでこれからも一緒に勉強していきましょう!!

関連記事はこちら

【体験談】サウスピークは退学制度のおかげで勉強が捗ります

【後悔】サウスピーク留学の失敗は事前学習が足りなかったことです

サウスピークで発音矯正したら自分の英語が通じるようになった

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください