サウスピークオリジナル校新校舎の学習環境をレビューしてみた

Pocket

こんにちは.橋本一馬(@kaz0901)です。

僕はサウスピークで6ヶ月の語学留学をしていました。

サウスピークに留学したいと考えてる方の中で

「サウスピークオリジナル校に留学する予定なんだけど教室はどんな感じなんのかな」

「学習環境は整ってるかな」

など色々と留学をする前に不安はありませんか。

せっかくの留学なので留学期間で英語力を絶対に上げたいですよね。

そのためには毎日の学習環境が大事です。

 

そこで今回はサウスピークオリジナル校の新校舎を紹介して行きたいと思います。

僕は実際2018年9月2日から2019年3月1日までサウスピークオリジナル校で6ヶ月間の留学をしていました。

これからサウスピークに留学を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

サウスピークオリジナル校の新校舎の学習環境

今回の記事で紹介する近くのカフェを含めて9つご紹介します。

ほとんど僕は9つの場所を使って半年間勉強していました。

場所は以下になります。

・ダイニングエリア

・バルコニー

・EOPラウンジ

・キュービクル

・音読ルーム

・セルフスタディールーム

・サイレントスタディールーム

・各自の部屋

・カフェ

サウスピーク留学時に新しく教室ができたりして、学校自体も常に変化しています。

2019年3月までの情報をまとめました。

場所:ウィンランドタワー(コンドミニアム)

サウスピークオリジナル校は30階近いコンドミニアムの4階にあります。

 

建物が高いので虫がほぼいないです

 

サウスピークの学校自体は建物の4階にあり、生徒の部屋は5階から8階に

・1人部屋

・3人部屋

・6人部屋

この3種類があります。

僕は一番費用が安い6人部屋で生活していました。

ダイニングエリア

ここは、食事をしたり、勉強したり、毎週金曜日には卒業式が行われる場所です。

昼休みは大混雑してる

ダイニングエリアはWi-Fiが使えるので携帯やパソコンで作業したい人はここでの作業がおすすめです。

 

(卒業式後の集合写真)

 

僕は狭いところで勉強するのが苦手なのでほとんどここで勉強していましたね。

講師も授業がない時は、ここで休憩していたりするので話したり、分からない所を教えてもらっていました。

土日は人が少ないのいつも使ってました

注意
一番生徒が集まる場所なので一人で集中して勉強したい人には向いていません。 

バルコニー

バルコニーはさっき紹介したダイニングから外に出ることができます。

(風に当たりながら椅子に座って音読)

僕は毎朝5時半にバルコニーで朝日を浴びながら音読をして目を覚ましていました。

また休み時間に気分転換にバルコニーに出たりしますが、休み時間は人が多いので状況をみて使うべき。

たまに電話されてる方もいるのでバルコニーは息抜きに使うと良さげですね。

EOPラウンジ

EOPラウンジは日本語禁止で英語で話さないといけない部屋。

ダイニングエリアから入ることができます

 

クーラーが効いてるので一番快適な空間

 

フィリピン人講師が休み時間や授業がない時間はここのソファでよく休憩しているので勉強した英語をここで講師に向かって使ってみることができる素晴らしい環境。

英語ができない人には少し入るのがハードル高いですが慣れるまで頑張りましょう。

ここで頑張るか頑張らないかで英語が話せるかがかかってると思います。

英語をアウトプットする場所には一番最適な場所

 

僕は留学3ヶ月目までは全くEOPラウンジを使っておらず英語が話せませんでしたが、4ヶ月目からは頻繁に使うことによってフィリピン人講師と会話をする機会をたくさん作りました。

このおかげで英語を話すことに対して壁がなくなり英語で留学中は頻繁に話していました。

留学中に英語を話せるようになりたい人はぜひEOPラウンジを使ってみてください。

キュービクル

キュービクルは毎日授業が行われてる個室のことです。

この入り口の奥にたくさんの教室があります

ドアを開けると1本の廊下の両サイドに個室がたくさんあります。

中はこんな感じ

 

この教室で毎日マンツーマンのレッスンが行われています

授業が完全に終わる午後5時からは生徒も使用することができるので一人で集中して勉強をしたい人にはオススメの場所。

ここにはWi-Fiが繋がるのでパソコンで作業したい人にもオススメ。

欠点は個室なので5時以降クーラーが消えるのでとても暑いこと。

音読ルーム

サウスピークでは音読学習を推奨していることもあり,音読専用の部屋が二つあります。

休み時間はたくさんの人が使用しています

僕は手前の机で立ちながら音読をしていました

 

目の前の鏡をみながら下の動きを確認します

僕のルームメイトは一日中音読ルームにこもって毎日6時間ほど音読をしていて3ヶ月で200点以上TOEICの点数がアップしていたので音読学習はとてもいいんだなと留学中に感じました.

セルフスタディールーム

セルフスタディールームの特徴は広いスタンディングデスクと個別になっている机です。

新しくできた自習できる学習環境

 

ここでルームメイトと音読をしていました

立ちながら学習することで、血流が良くなるのでとても効率的に学習することができます。

部屋にはエアコン完備で暑い環境で勉強することがありませんし、Wi-FiがないのでSimカードを購入していない人は携帯が使えません。

ネットを遮断して勉強に集中することができます。

サイレントスタディールーム

セルフスタディールームの横にある部屋で名前の通り声を出してはいけません。

ここは声を一切出してはいけない

僕はTOEICの試験前にこの部屋で模試を解いていました。

他の部屋では人の声がどうしても聞こえるのでリスニングのテストができないんですよね。

なのでテスト前に何人かで模試を時間を計って解くのにはいい教室です。

自分の部屋

6人部屋なのでどうしてもシャワーを浴びている人や話している人もいるので勉強するのは難しい。

自分の部屋は僕の場合はあまり勉強に集中することができませんでした。

6人部屋は費用が安いが勉強に集中するのは難しい

他の生徒さんは部屋で勉強していた人も多かったので勉強できる環境なのかは部屋の雰囲気やルームメイトにも左右される感じがします。

途中からルームメイトが整理整頓ができなく汚かったので僕は部屋で勉強することを諦めました。

おまけ:カフェ

最後にサウスピークオリジナル校近くのカフェを紹介します。

僕の一番のオススメはBOS’ COFFEE

オリジナル校に近くには2店舗あります

オリジナル校の近くには2つ店舗がありますがとても落ち着いて勉強ができます。

一つはBIG TOMの道沿いにある店舗で外のテラスの風が心地よくてくつろげちゃう。

これはBIG TOM沿いの店舗

 

外は風が心地いい

もう一つはCebu Doctor’s Hospital 前の店舗。

新しく出来たので店内はとても綺麗でゆったりとしています。

(モダンでおしゃれ)

広くて快適

両方の店舗でWi-Fiが使えることができるのでパソコンで作業も可能なので休日や授業が終わった午後に場所を変えて勉強したいときはカフェもおすすめです。

学習環境はとてもいい

部屋の自分の机

サウスピークオリジナル校の勉強環境は留学してみて正直とても良かったです。

勉強に集中できる環境が整っているから、学習時間を確保できることに繋がってるのではないかなと思います。

留学を検討している方はサウスピークは英語力を伸ばす最高の環境なので英語力を高めて就活や転職に繋げましょう!!

関連記事はこちら

自分の人生に集中したいなら携帯はいらない話

サウスピーク6人部屋に半年間留学したメリットとデメリット

僕の半年間のセブ留学費用は180万円【内訳公開します】




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください