楽天プレミアムカードは大学生でも発行できる?【発行方法まとめ】

Pocket

こんにちは、かずま(@kaz0901)です。

 

楽天で頻繁に買い物をしたり、海外旅行が大好きな学生は、一度は欲しいなと思っている楽天プレミアムカード

 

この記事では、僕がCMで見かける年会費無料の楽天カードではなく、少しグレードの高いプレミアムカードをなぜ発行できたのか。僕が思う発行するために必要な条件をまとめていきます。

楽天プレミアムカードとは

楽天カードには年会費無料のカードからブラックカードまであります。

 

 

年会費無料のカードは、大学生の始めてのクレジットカードにはもってこいのカードだと個人的には思っています。このクレジットカードを発行してからは楽天ポイントがたまり、節約にも繋がってますね。

楽天プレミアムカードのメリット・デメリット

楽天プレミアムカードのメリットはなんと言ってもプライオリティパス 。

 

 

発行する人の目的はほとんどこれではないでしょうか。

このカードがあれば、日本の空港さらには、海外のラウンジが無料で使うことができます。

 

海外のラウンジはバイキングがあったりシャワーがあったりする場所もあるので、1年で1回旅行に行ったときに使えば元は取れるぐらいのサービス。

下記の動画で詳しく解説されています。

 

プライオリティパス にはグレードがあり、グレードによって年会費を払う必要がありますが、楽天プレミアムカードを持っていれば、無料でグレードが一番高いプレステージ会員になれます。

 

このカードは同伴者は無料にはならないので一人旅用ですね。

カード発行後に申請をすれば、無料で申し込めます。

楽天プレミアムカードを発行してみた

そして実際に楽天プレミアムカードを発行手続きを開始。

 

楽天カード(上限10万円)使用状況

僕が楽天プレミアムカードを発行したのが、2019年12月。

 

もともと、年会費無料の楽天カードを2019年の3月から使用しており、毎月5万以上はお金を使っていました。また今年は、県外に行くことも多かったので多い月では上限の10万円近く使った月も4ヶ月ほどありました。

楽天サービスの利用状況

さらに、僕は携帯は楽天モバイル、銀行も証券も楽天のサービスを使っており、毎日積立投資をしています。なので他の方よりも楽天のサービスを頻繁に使っていました。

 

買い物もほとんど楽天市場で購入し、県外に行ったときには、楽天トラベルを使って宿泊。

 

楽天市場では、会員の中でも一番ランクの高いプラチナ会員なのである程度楽天のサービスを使っていたのかなと思います。

カード切り替えまで

まず学生は楽天プレミアムカードに申し込むことができないので、個人情報設定から学生からパートアルバイトに変更。

 

嘘はついたらいけないので、本当に情報を入力してください。

僕は、半年以上、大手の飲食店に勤めていたのでよかったですね。

 

買い物で10万円以上する予定があったのと申し込みキャンペーンを12月にしていたので、大学から帰ってから急いで申し込み。

 

発行手続きをしてすぐにメールがきました。

 

審査が通るか不安になりながら待っていると次の日にはこのメールが。

 

次の日には、発行手続き完了のメールがきました。

 

やはり、半年以上、頻繁に楽天カードと楽天のサービスを使ってきたことが効いたのかなと思いながらこのメールがきたときは嬉しかったですね。

ついに楽天プレミアムカード到着

発行手続き終了から1週間後にカードが郵送で自宅に到着。

 

 

封筒の中身は、こちら。

 

利用限度額は前回の10万円から50万円までに上がったので、大きな買い物をするときの限度額による不便さが解消されました。

 

また楽天ポイントも通常8.5倍もつくようになったので、年間通してみたらすごい節約になります。

 

 

色はゴールドカードではないですが、綺麗なゴールド。

今回は楽天Edyも付けてみました。

 

まだ預金が少ないのでそこまで使えませんが。。

またこれから、個人事業主としてお金を稼ぐつもりなので、楽天プレミアムカードではビジネスカードも同時に作れるそうなのでプライベートと事業用を使い分けていく予定。

大学生が楽天プレミアムカードを発行するための条件

僕が考える大学生が楽天プレミアムカードを発行するための条件は以下の通り。

 

  1. 楽天カードを半年以上使っている
  2. 延滞したことが一度もない

 

この二つは最低条件でさらに審査が通りやすくするには

 

  1. 楽天市場で買い物を頻繁にしている
  2. 楽天モバイルを使用している
  3. 楽天銀行とカードを結びつけて使っている
  4. 平均して月に5〜10万ほど楽天カードで買い物をしている

 

この4つの条件が揃っていると、僕のように1年も楽天カードを使っていない人でも審査に通るのかなと思います。僕がこの条件で通ってるのでおそらく大丈夫。

 

大学生が年会費を払ってカードを持つのは調子に乗ってるかもしれませんが、楽天のサービスを頻繁に使ったり、海外旅行が好きな学生は1万円払ってでも持っていて損はないので、ぜひ申し込んでみてください。

まだ楽天カードを持っていない人は、年会費無料のカードを作って半年から1年ぐらい使って信用を貯めると審査が通りやすくなるのでまずはスタンダードのカードを作りましょう。

 

 




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください