英語初心者に朗報!オンライン英会話で緊張する解決方法を紹介します




Pocket

こんにちは。橋本一馬(@kaz0901)です。

 

スピーキングの練習をしたいけど一人では難しいからオンライン英会話を始めました!

 

という方は多いと思います。

しかし現実はパソコンの前で緊張して自分が話したいことが全く話せずにYesを連呼してしまい思うようなレッスンにすることができないことはありませんか?

 

そこで今回の記事では

 

・そもそもなぜ緊張するのか

・オンライン英会話で緊張しない方法

・オンライン英会話でスムーズに会話ができない場合の解決法

 

を僕の経験談を元にまとめました。

 

僕がオンライン英会話を始めた時はTOEIC250点ぐらいなので超初心者です。

緊張してうまく話すことができない人がぜひ参考にしてみてください!

そもそもなぜ緊張するのか

 

まずなぜオンライン英会話で緊張してしまうのかを僕なりの持論をまとめます。

僕が初めてオンライン英会話をしているときは以下の項目に全てに当てはまっていました。

もし現在オンライン英会話で緊張している方、これからオンライン英会話を始めたいと考えている方は自分が当てはまっていないか確認してみてくださいね!!

話したいことを決めていない

オンライン英会話のフリートーク中はテレビ電話の相手の講師が「何について話したい?」と聞いてくることが多いです!

そのため、自分が話したいことを決めていないとその場で話す内容を考えないといけません。

なのでその場で思いついたトークテーマについて話すので全く話す準備ができないんですよね。

 

なのでそのテーマでどういう風に話せばいいのか浮かばずに何も話せないので、「やばい、何か話さなくては!!」と焦ってしまい緊張しちゃいます。

 

フリートークをするならまず自分から話したいことを決めちゃいましょう!

 

例えば

  • 家族
  • 趣味について
  • 自分の将来の夢
  • 英語学習について
  • 政治について

 

などなど話す前の準備はすごい大事ですね!

オンライン英会話に慣れていないから

まずそもそもオンラインに慣れていないことは大きいですね。

というか英語を話慣れていないとスムーズに英語を話すことはできないです。

 

僕たちは日本語を毎日話しているからいきなり日本語で話しかけられても日本語で受け応えができるようになりました。

日本語は毎日使っているから使うことに慣れているんです。

 

英語も一緒で使わないと覚えないので英語を話す頻度を増やしていきましょう。

大丈夫です。みんな最初は英語話せないので問題なしですよ。僕もずっとおんなじ言葉ばかり使ってました。

初めて話す内容だから

これは上の項目と近いんですが始めて話す内容は知識も不足してるし、英語の場合はそのシュチュエーションで使いそうな英単語やフレーズなどを全く知らない状態です。

なので自分の頭の中にその場面で使いそうなフレーズや、英単語を勉強する必要がありますよね。

 

日本語でもパソコンが全くわからない人にプログラミングの話をしても全く分からないのと同じです。

まず自分が話したいテーマーで使いそうな単語を暗記しましょう。

 

家族の話をしたいのに母(Mother)、父(Father)、兄弟(Brother)を知らないときついです。

そもそもの英語力が足りない

これはオンライン英会話を始めたてのころの僕ですが、僕はTOEIC250点しかなかったのでそもそもの英語力がなかったんですよね。

TOEIC250点のレベルというと中学英単語と英文法が全く身についていないレベルです。

参考までに僕が留学していたセブ島にある語学学校サウスピークの記事を載せておきます。

 

僕は今TOEIC500点台なのでそこまで高くないですが留学後はフィリピン人の友人や講師とある程度会話することができますし、相手の言っていることを理解することができているのが現状です。

 

大学にいるネイティブの留学生同士の会話にはまだついていけません。

なのでオンライン英会話の前に自分の英語力自体をあげることが大事かもしれませんよ。

オンライン英会話のときの緊張を解決する方法

ここからオンライン英会話中に緊張しないための方法をご紹介!

緊張して会話がうまく行かない原因は講師と会話する前から決まっているんですよ。

テーマは「準備」です。

話したい内容を決める

まずオンライン英会話を利用する前に自分が話したいテーマを決めます。

これに関してはなんでもいいと思います。

 

  • 家族
  • 趣味
  • 恋愛について
  • 仕事
  • 将来の夢

 

最初は自分が話しやすいテーマからで大丈夫ですよ。

講師が答えづらいような性的な質問や宗教について深く聞く以外なら特に問題なしです。

話したいテーマが決まれば次に準備にうつりましょう!!

話したい内容の英文を添削してもらう

話したい内容が決まったらそれについて自分が話す文章を作成しましょう!!

文章がある程度できたら英語ができる人に添削を頼むことをおすすめします。

なぜなら自分が書いた英語では英語初心者なら特に英語話者には通じないような英語になっている場合があるんですよ。

 

準備していたことを話すと他のことと勘違いされて話がうまく進まないことがあります。

そうなると予想外のことが起きると対応ができないので焦ってしまううまく話せずに時間切れになることが僕は多々ありました。

 

なのでここはlang-8というサービスを使って自分の使った英文を英語話者に添削してもらいましょう!!

日本人は英語で文章を作るのが苦手なのでまずは添削してもらうと勉強にもなります。

僕も今でも使っていますがとても便利なサービスですよ。オススメです!

相づちやある程度の返しを練習しておく

オンライン英会話は当たり前ですが、相手と英語で会話をします。

そのため会話中の相づちやある程度の会話の返しを練習しておくと会話がスムーズに進みますよ。

例えば

 

I see (なるほど)

Honestly (正直いうと)

Anyway (ところで)

I’m glad to hear that (それを聞いて私は嬉しいです)

 

などある程度覚えておいて、この場面ではこれを使うと決めておくと話を途絶えずにスムーズに会話することができます。

 

全く知らないと相手が話をしたあとに沈黙してしまい会話になりません。

同じ内容の会話を他の講師にしてみる

これは僕がしていたんですが、同じ内容の話を他の講師にもしてみるのはオススメ。

 

なぜかというと一回話をした内容はある程度覚えているのでなんども使うことでフレーズや単語をアウトプットすることができるので記憶に定着しやすくなります。

 

家族の話をした後にもう一度別の講師と同じ内容を話してみる。

 

例えば

It is difficult for me to speak English

(私にとって英語を話すことは難しいです。)

 

こんな感じの英文を1日何回も使っていると【 It is for ○ to △ 】の使い方を覚えちゃいます。

 

僕は一日3回から4回ほど同じ話を繰り返ししていました。

途中、自分で話に飽きますが最後の方には同じ言い回しや文法などを使えるようになっているのでオススメ。

 

飽きるぐらいまでやると記憶の定着には最適ですね。

まだスムーズに会話ができない場合

今まではオンライン英会話で緊張してしまう解決策をまとめていきました。

今度はまだ自分の英語力が足りずになかなか英会話ができてないと実感した人向けにスムーズに話せるようになるための解決策をまとめていきます。

 

もともとの英語力がある程度ないと、なんとなく話をして楽しい気分になるだけなので正直厳しいのが正直なところ。

 

なぜならインプットした知識がないのにアウトプットするのはとても難しいから。

今回は3つほど紹介していきます!!

オンライン英会話の授業を受ける

オンライン英会話にはフリートーク以外にも授業スタイルのコースがあります。

僕が留学前に使用していたネイティブキャンプでは

 

  • TOEIC・英検のコース
  • 一つの文法について実際に使ってみる練習

 

色んなコースがあるのでこちらをまずは試しましょう!

 

授業スタイルだと講師主導のスタイルになるので自分で話題を作る必要がほとんどなくテキストや問題を見ながら、文法を実際に使ってアウトプットする練習ができます。

 

フリートークがしたいのは分かりますが知識がないのに毎回フリートークはきついのでたまに気分転換や効果測定として使って見るのはアリかと思います。

 

僕も関係代名詞や過去完了形のレッスンをなんども受講した記憶があります。

人間はすぐに忘れるのでまずはなんども同じレッスンをしてみるのはアリ。

自分の英語力に合わせてオンライン英会話を活用しましょう!!

NOBU式トレーニングを1冊丸暗記する

英語初心者は英会話で使うフレーズのストックが少ないのでまずは簡単なフレーズ集を1冊丸暗記することをおすすめします!

僕がオススメするのはNOBU式トレーニングです。

 

この本はシリーズ化されていて2冊あるのですがまずは緑の基本編からやりましょう!

正直最初の方は簡単すぎるかもしれませんが、全て暗記して使えるようになるには相当なんども繰り返す必要があります。

 

見たら文章の意味を理解することができますが、意外と実際に使ってみるとなると難しいんですよね。

僕は留学前にリゾートバイトで長崎で働きながらスキマ時間にこの本をなんども繰り返し使って覚えていました。

 

そして覚えたフレーズをそのとき使っていたネイティブキャンプで実際にフィリピン人講師に使っていました。

懐かしいです。

 

そのおかげで意外と話の内容は薄いですがちゃんと話をすることができていました!

自分で言うのもなんですが相当やりこみましたもん。

なので留学中にその本を使って授業するころには予習なしでも全て丸暗記しているレベル。

英語力に自信がない人はまず1冊やりこんでみるのをオススメします!

英語で書く練習をする

僕が留学から帰国後も継続しているのが英語で文章を書くことです。

けないものは話せないのでまずは自分が話したい内容について書く練習をしましょう!

特に僕がオススメするのは英語で日記を毎日書く習慣をつけること。

 

僕が書いてる日記(簡単に短く書いています)

 

毎日長文で書くのは辛いので1行でも2行でもいいので書くと英文を実際作ってアウトプットする練習をすることができるのでオススメです!

 

オンライン英会話の前に英語で話す内容を用意しておいて忘れたらスクリプトをみて会話中に確認してまた話すの繰り返し。

 

語で書くと記録を残すことができるので数ヶ月後に見返したときに自分自身で成長を感じることができます。

自分で自分の成長を感じることができるのはとても大事なことなのでみなさんぜひやってみてください!

英語は結局継続が一番大事

これまで色々まとめてきましたが結局は継続が大事なんですよ。

僕も今でも勉強していないとすぐに忘れます(本当にすぐに忘れてしまいます。。)

最後にもう一度緊張しないための解決方法をまとめます。

緊張しないための解決法

 

・話したい内容を決める
・相づちやある程度の返しを練習しておく
・同じ内容の会話を他の講師にしてみる

 

まだスムーズに会話ができない場合

 

・オンライン英会話の授業を受ける
・NOBU式トレーニングを1冊丸暗記する
・英語で書く練習をする

 

ぜひみなさんも参考にしてみてください!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください