休学を1年間してみたけど後悔がたくさんあるのでまとめてみた

Pocket

こんにちは、橋本一馬(@kaz0901)

今この記事を読んでいるということは大学を休学したいけど休学するのに不安がまだ残っていたり、休学期間を最大限活用したい学生の方ではないでしょうか。

この記事を書いている筆者は大学3年時を休学していた経験があります。この休学期間では得られたことはたくさんありましたが、今思えばたくさんの後悔があるんですよ。

休学に関しての記事では、「休学は最高」「大学生は休学するべき」などたくさんのいい言葉ばかりあると思いますが、正直言うと目的を持たない休学は意味がないです。

そこで今回は僕の休学の体験を元に休学してみて後悔したことと、休学をこれからする予定の方に向けた休学する上で気をつけて欲しいことをまとめてみました。

僕が休学してみて後悔していること

僕が休学して後悔していることは大きく分けると3つあります。
詳しくまとめていきます。

計画が雑すぎて計画通りに進んでいない

僕は大学2年生の秋に休学しようかなと考え始めました。

休学期間中にやりたいことをいくつか書き出して計画を作成しましたが、今思えばすごいざっくりとした計画で計画ではなくただの理想でした。

僕の計画では冬休みにプログラミングとライティングを学んで、それを活かしてお金を稼いだ後にその資金を使ってフィリピンに語学留学に行くという計画だったんです。

しかし、スキルを学んだはいいのですが全く稼ぐことができました。
僕の仕事の受注方法が悪かったり、自分のスキルに自信がなかったことが原因だと思うのですが全く稼ぐことができませした。

さらに休学後半のフィリピン留学では日常会話習得とTOEIC800点を取ることを目標にしていましたが、結果は510点。目標に290点も足りずに休学期間を終了しました。

これでも200点以上は上がった

 

ある程度の日常会話ができる英語力にはなりましたがそのぐらいの英語力の人などそこら中にいるのでなんの価値もないんですよね。せっかく休学するなら周りの人から見てもすごいと思われるぐらい結果を出すことに力を入れないと遊びの休学だと思われてしまいます。

これから休学する人は休学をしたらその期間で自分は何を達成したいのかを考えるべきです。

色々と手を出し過ぎた

上にも書きましたが、僕は休学期間に

・プログラミング
・ライティング
・ブログ
・デザイン
・留学

この4つに休学の時間を使っていました。

東京のプログラミング教室にて

しかし、色々手を出したことで、全てのことである程度知識をつけることができたのですが、全てのことにおいて素人から毛の生えたようなレベル。英語を話してと言われたら自信がないし、ウェブサイトを作ってと言われたら自分の力に自信を持つことができませんでした。

たくさんのことに挑戦をするのはいいことだと思いますが、休学期間は学生の期間を延長しているので何か一つでも秀でるものを作ることが大事なんじゃないかなと思います。

活動資金足りなかった

休学中にお金を自分の力で稼いで、そのお金で留学をしようと考えていました。

しかしスキルをつけるために東京と山梨に滞在して資金がなくなり、実家に帰ってきてからも講座代を回収するほど自分で稼ぐことはできませんでした。

そのために留学する費用は両親に借金をして留学したんですよね。

また留学中に入院したり、留学期間を延長したことによりさらに借金。意識高い大学生の現実がこれでした。

やはりなにをするにもお金は必要不可欠で、お金がないと行動にブレーキがかかってしまいます。もし休学したい方は自分で休学中の活動資金の目安を立ててから休学すると自分のやりたいことをしたり目標をクリアしやすくなります。

休学する上で気をつけたいこと

休学期間中の3つの後悔

・計画が雑で計画通りに進まない
・色々なことに手を出し過ぎた
・活動資金を用意できなかった

この3つの後悔をしたことでこれから休学を考えている方に休学をする上で気をつけて欲しいことをまとていきます。

休学中に達成したいことを決める

一つ目は、休学中に達成したいことを決めることです。

僕が留学していた語学学校には休学中に語学留学をしてTOEICで800点以上取ると目標を立てて来ていた生徒の方がいました。

なぜTOEICで点数が必要なのかと言うとTOEIC800点以上取得して就活を有利に進めたいから。ここまで明確に落とし込めると目標を達成しやすくなるかと思います。

行動としてフィリピン語学学校で半年間留学をしてTOEICの点数を取得して、残りの半年は海外の企業でインターンとして働いて海外で働いたことのある経験をする。

留学した後に海外インターンをしてた学生がとても多かった

 

これは一例ですがここまで明確ならば有意義な休学期間になりそうですよね。

実際に彼は半年間の留学後に、海外インターンをして英語力そしてインターン経験を積み上げていました。

一点集中して取り組む

僕は一点集中することができなかったことが一番の後悔です。

そのために全ての結果が中途半端な結果でどれも飛び抜けてすごいことをしていません。

天才は何をやってもすごいことをするかもしれませんが、凡人は一点集中でスキルを習得した方が効率がいいし、結果が出ることで自分に自信を持つことができます。

一つのことで結果を出すと、ハロー効果で他のことも結果を残してくれそうと思われやすくなるのでとても効果的。

休学中の活動資金を用意する

入院費用の支払い

何をするにもおは必要不可欠な要素です。

お金がなくてもできることはありますが、お金があった方が自分がやりたいことを達成しやすくなるのは間違いないですよね。

なので休学中に自分が活動するのに必要な資金がどれぐらい必要なのかを明確にした上で休学前にお金を貯金したりどうやって資金を確保するのか考えて行動をすべきかなと思います。

そこをしっかりしないと僕のようにいきなりお金が足りなくなって自分の力では自分のやりたいことに挑戦するができなくなるかもしれません。

まとめ

もしあなたがこれから休学するつもりなら自分のやりたいことや達成したいことを明確にして貴重な休学期間を自分を最大限高めることに使ってください。

僕も反省して次に活かしていきたいと思います。




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください