Fラン大学やめたい人はあえて残るで成功できる【ギャップを活かす】

Pocket

こんにちは、KAZUMA(@kaz0901)です。

 

受験に失敗してFラン大学に入学した人や入学してから自分の学歴に心配になる学生は結構いるのではないでしょうか?

 

僕もネットではいわゆるFラン大学に進学して現在は大学3年生になりました。

何度も大学をやめようと思いましたが結局残っています。

 

休学を含めた4年間でFランだからこそ、さらには地方大学だからこそ味わうことができたメリットもあるんですよね。

 

そこで今回はFラン大学をやめないメリットと学歴にコンプレックスがある人が大学をやめずに学歴をうまく活用する方法を紹介します。

大学をやめなくていい

僕の現在の考えでは大学はやめない方がいいです。

 

なぜなら何もスキルも身についていないし、やみくもにやめた後にどうするのか決まってないのは不安すぎるから。

もし次の選択肢を決めているならいいですが、そうでないならやめることは勧めません。

大学をやめないメリット

最近気付きましたが大学生であることに価値がすごいあります。

ギャップで評価されやすくなる

Fラン大学の大学生と聞くと全く勉強せずに遊んでるイメージがしますよね。

なので少し頑張って結果を出せばめちゃくちゃ目立ちますし高い評価をされます。

 

勝手に勉強ができない・遊んでるイメージを持っているのでその逆の結果を出せば他の人が同じ結果を出した結果よりも高く評価してもらいやすくなります。

 

ヤンキーがたまに見せる優しさにキュンとする人がいるのと似てますね。

 

相手が期待してない分、期待を超える結果を出せばいいんです。

大学生なんて時間がたくさんあるんですから集中すれば何かしら結果出せます。

学生ブランド使える

二つ目が学生ブランドが使えること。

大学卒業を迎える起業家の先輩が「学生という肩書きが取れるのが怖い」と言っていました。

 

大学生というだけで連絡すればすごい人でも会ってくれたりしますし、学生だから許されるところもたくさんあります。

 

また同じ結果を出しても学生の方が評価されやすいので学生という肩書きはとても便利。

 

大学生のうちしかできないことはあるので学生の間にもっと行動するべき。

都会に行くと目立つ

学歴にコンプレックスがあるのはめちゃくちゃわかります。

 

僕も東京に行ったとき、語学留学をしたとき、周りにいた人は早慶、国立大学、MARCHの人ばかり。熊本の大学生など一人も見たことありません。

 

しかし地方の大学だと逆にめちゃくちゃ目立ちます。

なのですぐに名前を覚えてくれますし、何か結果を出せばさらに目立つ。

 

目立つことが全てではないですが、地方からわざわざ都内にくるのでその行動力だけでも評価されちゃうんですよ。

 

僕も大学2年生のころに初めて東京に一人で行ったときは参加したイベントの中で一番遠くから来た学生だったらしくすごく丁寧に接してもらましたし名前もすぐに覚えてくれました。

 

そのイベントで発表もしたり、その後も東京に行っていたので、何かあると声をかけてもらえるようになりました。行動すれば普通以上に評価されます。

Fランをうまく活用するには

ここからはFランの学歴をうまく活用する方法を紹介します。

自分でお金を稼ぐ

一つ目は自分でお金を稼ぐ・起業。

 

周りの学生はサークルやバイトなどに忙しい時に自分の力でお金を稼ぐ経験をするとそれだけで他の学生と差別化することができます。

 

さらに起業すれば学生起業家になので、学生ブランドを使いつつ大学生社長として仕事ができるので社会人の人よりも評価されやすいし注目されやすい。

 

僕の先輩も熊本で民泊とシェアハウスを始めて熊本の新聞に掲載されました。

 

学生だったからこそ注目された部分は大きいと思います。

学費免除を狙う

Fラン大学なら他の学生は勉強しない人が多いので少し勉強すれば相対的に成績がよくなります。

 

なのでちゃんと勉強すれば成績優秀者として学費免除を狙うことも難しくありません。

これが達成すれば年間100万円ほど稼ぐのと同じです。

TOEICで点数をとる

TOEICで点数をとることもおすすめ

 

僕が留学していたフィリピンの語学学校のサウスピークでは3ヶ月で平均226点点数がアップしています。

 

TOEICの点数をあげて就活で自分のレベル以上の企業に就職することができた卒業生がたくさんいて日本でのTOEICの影響力を実感しました。

 

FランでもTOEICで高得点を持っていれば就活のときに評価されるので自分の学歴よりもいい会社に就職することも可能になります。

日本ではまだまだ使える資格なので持っていて損はないですね。

工夫でネガティブも個性に

ネガティブ要素は使い方によっては意外と使えるので、大学をやめずに大学生のまま色んなことに挑戦したほうがいい気がします。

 

何かスキルを身に付けてお金を稼げるようになってから大学をやめるかは考えればいいじゃないかな。

 

最後は自分で決めるべきですがあえて学歴コンプを活用するものありですね。

こちらの記事も読まれてます




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください