【経験談有】半年の留学で感じる英語を勉強するメリット7つ

Pocket

こんにちは.橋本一馬(@kaz0901)です.

僕はフィリピンに2018年9月から2019年3月の半年間語学留学をしました.

 

その期間はめちゃくちゃ勉強したのである程度英語を話すことができるようになりましたしTOEICでもある程度点数を取ることができるようになりました.

 

僕が留学する前と留学後を比べて英語が理解して話せるようになって良かった.

英語ができるようになるとどうなるのか?

男の子
英語はできるようになりたいけど英語よりも他の資格を勉強した方がいいんじゃないの?また英語だけ出来てもだめだから他の教養などをつけた方がいいんじゃないかな

 

女の子
英語をマスターするためには時間がかかりすぎる.それだけ時間をかけてどのぐらいメリットがあるの?かけた時間よりも見返りがないと勉強する意味がない気がする

という意見もあると思いますが,僕は英語を勉強することはメリットがたくさんあると思っています.なので今も英語の勉強を継続していますし時間をたくさんかけて行こうと考えてます.

 

大学在学中には試験で言うとTOEIC満点,英検1級を取れるように勉強中です.

そこで今回は英語を勉強するメリットをまとめたいと思います.

なぜ英語を勉強することはいいことなのでしょうか?

1.ビジネスチャンスの拡大

まず日本の人口は何人いるでしょうか?

現在は高齢化社会で人口が今もどんどん減少しています.

 

答えは1億2680万人です.

 

 

(google参照)

それと比較して英語ができる人口は世界人口73億人の中でどのぐらいいると思いますか?

 

答えは17.5億人

 

普通に考えて人口1億人の中よりも人口17.3億人の中でビジネスをした方がビジネスチャンスはたくさんありますよね.

単純計算で16倍〜17倍ほどの人口の差があります.

なのでその分ビジネスチャンスがたくさんあり大きな市場でチャレンジすることが出来ます.

最近急増してきているユーチューバーも日本だと1億人に向けて発信しますが,英語ができると17億人以上の人に向けて発信することが出来ます.

もし収益化をしたならその分お金を稼ぐことが出来ます.

英語が出来ないとまずチャレンジが出来ません.

英語ができると戦うフィールドを大きくでき海外で人脈を作ることが可能になります

2.世界中に人と話すことができる

英語が話すことができると日本人以外の人と話すことが出来ます.

世界中に友達を作ることが出来ますし旅行の時なども英語でコミュニケーションを取ることができるので,日本語しか出来ない人よりもスムーズに旅行することが可能.

英語を理解することができると海外に行った時にぼったくられる可能性が低くなります.英語が出来ないと何を言っているのか分からないので従うしかありません.

 

しかし英語を話せると自分の意見を相手に伝えることが出来ますし,相手の言ってることも理解することが出来ます.共通言語を話すこでお互いの価値観や文化をさらに理解することができます.

 

英語があることでお互いのことをもっと知ることが出来るので英語はとても便利なコミュニケーションツールです.

コミュニケーションが取れると言うことは一緒に仕事ができることにも繋がります.

3.最新の情報を知ることができる

これは英語ができる人の特権何ですが英語を理解できると新しい情報にいち早く触れることが出来ます.日本の場合は翻訳する時間がかかるのでその分新しい情報を知るまでにタイムラグが生まれてしまいます.

 

例えば僕はフィリピンに半年間留学をしていましたが,留学期間中に現地で映画を見ました.

その映画は日本でシュガーラッシュと言われてる映画らしく,フィリピンでは別の名前で上映されていました.

僕が見たときはまだ日本では上映されていなかったらしいです.日本よりも早く映画を見ることが出来ます.なぜなら翻訳しなくていいからです.

 

フィリピンはさらに映画の料金が400円とすごく安く驚きました.

 

またプログラミングの分野では当たり前ですが英語の情報量が多いので新しいバグが出たときに英語でグーグルで調べることができると解決策をすぐに見つけることが出来ます.

 

日本語でも情報はありますが新しい情報はとても少ない.

だからと言って翻訳されるのを待っている訳にもいきません.

 

なので英語ができるだけで得をすることが出来ます.逆を言うと日本語しか出来ないと損をしてしまうことが多いと言うことになります.

4.恋愛市場が拡大する

(留学中に遊んだKaye)

英語ができると自国以外の人と恋愛も出来ます.

アメリカ,カナダ,オーストラリア,イギリスなどのネイティブ圏の人以外にシンガポール,フィリピンや英語ができる中国や韓国などの国の方とも恋愛も出来ますね.

なので恋愛できる市場も何倍にも広がります.

日本ではモテなくても東南アジアに行けばモテる人もいます.

英語ができると恋愛でもチャンスが広がりますね.

5.価値観が変わる(視野が広がる)

(LGBTのフィリピン人講師たち,とても綺麗でした)

英語を理解できると,海外の文化やお互いのパーソナリティを理解することが出来ます.

英語が出来ないと表面上しか相手のことを理解することが出来ませんが,英語ができると海外の方から直接文化のことや国のことを教えてもらえるので英語を勉強して良かったなと思います.

フィリピン留学中に僕が英語が出来て良かったなと感じたことは現地でLGBTについて深く知ることが出来たことです.

現地でレディーボーイと言われる人と話したことがあります.

なぜフィリピンはLGBTの人が多いのか,フィリピンの文化やカトリックについて英語で教えてもらいました.

ちなみにフィリピンは有名人にゲイの人が多いから子供たちはその人たちに憧れてる影響でゲイが多くなっているらしいです.

留学をしなかったら経験出来ませんでしたが,英語が出来ないと理解をすることは出来なかったですね.

6.市場価値の拡大

日本の就活市場ではTOEICの点数を重視しているらしく,外資系企業だとTOEIC730点以上あるといいと言われています.

なのでTOEICの点数があると就活や転職のときに有利になるらしいです.

 

僕が留学していたサウスピークではTOEICを3ヶ月で平均200点あげることができるのでTOEICの点数を短期間で伸ばしたいと考えている人にはとてもオススメできる語学学校です.

 

僕と同じ時期に留学していた人は3ヶ月で385点あげることが出来ていました.

僕も半年で250点ほどアップしました.僕はスピーキングがとても伸びた実感があります.

 

まとめ

僕が考える英語ができるメリット6つをまとめたいと思います.

  1. ビジネスチャンスの拡大
  2. 世界中に人と話すことができる
  3. 最新の情報を知ることができる
  4. 恋愛市場が拡大する
  5. 価値観が変わる(視野が広がる)
  6. 市場価値の拡大

 

フィリピンでは英語が出来ると仕事を選ぶことができます.

最近ではBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の仕事がフィリピンでは発達しており英語が出来ないとその仕事をすることが出来ません.

また英語ができると海外で高い給料で看護師やエンジニアとして働くことが出来るのでフィリピン人は必死になって英語を勉強していました.

日本人もこれから英語が出来ないとどんどんグローバル社会になって行く世界について行くことが出来ない危機感を留学中に感じました.インバウンドもこれから確実に増えて行くので英語は生きて行く上で必要な手段になって行きそうですね.

僕は高学歴ではありませんので,英語を勉強してTOEICだけでも高得点をとって自分の市場価値を上げたいなと思っています.

みなさんもこれから一緒に英語を勉強しませんか?

関連記事はこちら

僕の半年間のセブ留学費用は180万円です【内訳公開】

【イラストで理解】英語の絵本で英語を勉強する5つの理由

セブ留学で英語の訛りを気にする前に自分の英語力をあげましょう

 




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください