【悲報】英語学習の継続きついのは当たり前【おすすめ方法紹介】

Pocket

最近はますますグローバル社会になっており英語学習が必要性が問われています。

僕も英語力はとても必要だと感じてようやく2018年に英語を勉強し始めましたが、英語学習を継続することはとても難しくないでしょうか。

僕は自分に対してともて甘い人間なので、半年間の留学期間を終了して帰国してからは圧倒的に英語の学習時間が減りました。

さらに留学していた時よりも時間はないですが、大学生なのでそれなりに時間があるのにも関わらずに自分で決めたことをしっかりこなすことがとても難しいんですよ。

しかし最近は徐々にですが英語学習が習慣化になってきており毎日平均4時間ほどは英語学習に時間を使うことができているのかなと思います。

それでもまだ一日1時間の日もありますがこれから改善していく予定です。

そこで今回は、英語学習を継続するために僕は実践している方法を紹介していこうかなと思います。

英語学習を継続がきついのは当たり前

今まで英語学習をしたことがない方にとって英語学習の継続はとても大変です。

僕も留学前に英語学習を始めたころに毎日8時間近く勉強してもちっともうまくなった感覚がありませんでした。

このやり方で本当にあってるのだろうかと毎日心配になり、英語を話す機会を作りたいと思って始めたオンライン英会話ネイティブキャンプでは一日平均4回のレッスンを受けて会話の繰り返し。

それでも話してる内容はほぼ同じ、使っている文法や表現もほぼ同じで本当に進歩しているのだろうかとずっと不安でしかたがなかったんです。

しかしこれまで20年以上日本語ばかり使っていて英語をろくに使ってなかったので短期間で英語を完璧にするなど程遠いと分かっていても不安になるんですよ。

僕もまだ全然英語を流暢に話すことができないし毎日勉強している身なのできついですがこれは英語を勉強している人全て通る道なので焦らず一緒に頑張りましょう。

英語学習を継続するおすすめ方法

ここからは英語学習を継続するためのおすすめ方法をまとめて行きます。

実際に僕が使っている方法しか書いていないのでよかったら参考にしてみてください。

明日やることを紙に書く

これはとても簡単で日常的にやっている方も多い方法だと思いますが、紙に自分のやることを書き出して終わったらチェックするようにしています。

毎日A4用紙にやることを書いてる

以前は携帯のTodoリストを使って自分のやることを管理していたのですが、紙に書いた方が頭の中がスッキリする感じがします。そして終わってチェックするときに線を引くときにタスクを完了させたことを実感することができるのであえて紙に書くようにしています。

もし携帯やパソコンでやることを管理したい人はTrelloや無料のiphoneのアプリを使ってみるのもアリ。

0秒思考を習慣化する

これは僕が尊敬している戦略コンサルタントのShin(@Speedque01)さんおすすめのビジネス本の内容。

A4用紙を用意して自分が考えてることを書き出すだけ。

できるだけ書くことを止めずに書きながら考える。これを毎日習慣にすると自分がやるべきことが明確になり、その目標を達成するために自分は今どうしたらいいのかを考え行動に移しやすくなります。

僕はこれを毎日していますが、書きながら考える癖がつき悩む時間が減りました。

英語力が伸びないと悩んでいても何も解決はしないので、自分なりに解決策を見つけて行動できる自分になった方が時間を有効的に使えますよ。

人と約束する

人間は人約束すると相手のこともあるので約束を破らないように行動をするのでこれを利用します。

例えば来月TOEICを受けるとして一緒に受験する友達と朝からカフェで勉強をする約束する。

またまた朝にオンライン英会話のレッスンを前日の夜に予約をすることでお金が勿体無いと感じることで朝早く起きるように自分に促すと勉強をいやでも勉強するのでおすすめ。

オンライン英会話の時間を指定して強制的に勉強する

リマインダーを使う

僕は予定をすぐに忘れてしまうので、携帯やパソコンのリマインダー機能を使って、次の予定30分前に通知がくるように設定。

携帯の画面に通知がくるのでそれを確認してカフェや大学の図書館に移動します。

自分のカレンダーに勉強のアポを入れる

僕はグーグルカレンダーで毎日の日程を管理しているのですが、日曜日に今週の予定を打ち込みます。

先に予定を入れてしまう

まだ予定が入る前に自分のカレンダーに自分の英語学習の予定を入れると自分の勉強する時間を確保することができますし、友人からの誘いを断ることができます。

カレンダーに何も書いてなかったら遊びにすぐに行きたくなるので僕は早めに自分の予定をジャックします。これはとてもおすすめ。

短い期間の目標を決める

僕は長期的な目標を作り頑張ることができません。

長くても2週間から1ヶ月が限界です。なぜなら1年後のことは想像がつかないから。しかし2週間〜1ヶ月なら頑張ることができそうじゃないですか。

1週間で1日平均3時間勉強するなどの目標ならば、1日3時間できなくても1週間以内に目標勉強時間を達成すればいいので成功率が上がります。

僕は長期的な目標をたてて失敗して自信を失うことを繰り返してきたので小さい成功体験を積むためにスパンを短めにすることにシフトチェンジしました。

効果測定を入れる

英語を勉強していて思うのが「本当に自分の英語力は伸びているのだろうか」ということ。
毎日勉強していても以前の自分と今の自分がどれだけ英語力が変化しているのかを比較することは正直とても難しいです。

模試や試験を受けて効果測定を行う

 

そこでTOEICや英検などの試験を定期的に受験することで自分の英語力の伸びを実感することができるので自信に繋がるんですよね。

TOEICや英検は問題形式がある程度決まっているので解き方を知っていたら問題は解けるものがあり、英語力を完璧に測定することはできません。

しかし試験を有効的に使うことでモチベーションアップと英語学習の継続に繋がります。

まとめ

最後に今まで紹介してきた方法をまとめます。

 

僕のおすすめ方法

・明日やることを紙に書く
・0秒思考を習慣化にする
・人と約束をする
・リマインダーを使う
・短い期間の目標を決める
・効果測定を入れる

なぜ英語力を伸ばしたいのか

最後になぜあなたは英語学習を頑張りたいのかについて自分なりの答えを出すのは大事なことかもしれません。

ただ将来のために必要だと思ったから英語学習をしたいという気持ちでは英語学習を継続するのは難しいんじゃないかなと思います。

僕の場合だと大学を卒業したら海外で働きたいのと世界中に友人を作りたいという目標があるので頑張ることができています。

また留学中に自分の英語が徐々に通じることを実感して海外の方とコミュニケーションを取れるようになった感覚がとても嬉しく忘れることができません。

就活に必要だとか、外国人の彼女を作りたいだとかなんでもいいと思うので自分のなりたい姿を明確にして自分のモチベーションを維持できるようにしましょう。




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください