初めてTOEICを受験したときの点数が悲惨すぎて泣いた話

Pocket

こんにちは、カズマ(@kazma_hashimoto)です。

「僕は大学在学中に留学したい!!」

そのために入学してからずっとめちゃくちゃ勉強しよう思っていたんですが、全然できていませんでした。

ナマケモノでした。

2017年11月に初めてTOEICを受験しました。

なのでその結果をこの記事にまとめて行こうと思います。

 

今回の記事は僕が初めてTOEICを受験した時の点数を公表している記事です。

英語をこれから勉強しようと考えている方は励みにしてください。

 

TOEICを受けてみての感想

去年初めてTOEICを初めて受けてみての感想は、

「年齢性別問わずいろんな人が受けていて、すごい需要があるんだな」と感じました。

 

企業ではTOEICの点数が高いと給料が上がったり、海外不妊の話の機会をもつきっかけになります。

僕が予想してたよりもずっと社会人の方が多かったです。学生は少ない印象でした。

 

問題を解いてみて感想

 

いざ問題を解いてみると、びっくりするほど全く分からなかったんです。

分からなすぎて、逆に問題を解き終わるのが誰よりも早かった。

周りを見渡すとみんな真剣に問題を解いているのに、僕は20分以上も時間が余ってしまいました。

本当に英語が全くできないことを痛感しました。

 

 

結果はまさかの270点

 

結果を自分の目で確認したときに自分の力のなさに絶望しました。

 

 

 

TOEICは990点満点のテストで、勘でマークシートをマークしても300点は取れると言われています。

しかし、僕の点数はまさかの990点満点の270点。

小学生が適当に解いた点数よりも悪かったんです。

 

時間が余ったとはいえ、問題を適当に解いた訳ではないんですよ。

最初のリスニングや、語彙問題などはめちゃくちゃ時間をかけて取り組みました。

それでもあってるのは、数問だけでした。

 

ショックでした。

TOEIC270点は、ほとんど問題を理解していない、そしてリスニングは全く聞き取れていないに等しいです。

9月に留学を控えていますが、どうなることやら…

 

これから真剣に英語を頑張ろうと思う

これからもっとグローバル化が進み英語が話せないと仕事ができない状況になることも考えられます。

僕は今年は英語学習を真剣に取り組んで、いつかは海外移住をしたいという目標目指して頑張ります。

点数が上がったら、別記事で、まとめようと思います。

 


 






「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください