【イラストで理解】英語の絵本で英語を勉強する5つの理由




Pocket

こんにちは,橋本一馬(@kaz0901)です.

 

僕は全く英語が分からない状態でフィリピンにあるセブ島に半年間留学しました.半年間でTOEICは500点を超えて,スピーキングでは難しいトピックではないなら普通に自分の言葉で話すことでできるようになりました.現在は大学に通いながらTOIECを今年中に900点取れるように勉強しています.

たまにフィリピン人で電話をしますが,普通に1時間を超えることもあります.

そんな僕が日本に帰国して英語の勉強を再開するときに最初に始めたの英語の絵本を読むことでした.

 

女の子
英語の絵本なんて子供っぽいことところから勉強したくない

男の子
TOEICの問題集を解いたほうがいい気がする

 

と僕も思っていましたが,読んでみるととても勉強になったのでブログにまとめておこうと思いました.しかし

ぜひ読んでみて欲しいです.

TOEICなどの試験勉強をしている人にオススメです.

英語の絵本で勉強する理由

英語の絵本を読む理由は つあります.

一つ一つ紹介していきます

難しい英語がないので読みやすい

絵本は子供向けに作られているので難しい単語や文法はほとんどありません.なので英語学習者の日本人にとっても辞書なしで読むことができます.

なので中学英文法と高校英文法がある程度わかっていたらだいたいの絵本を読むことができるのでスラスラ読めます.

 

簡単な絵本だとこのぐらいの英単語で書かれています

 

英語初心者にいきなり英語のハリーポッターを読んでと言われてもなかなか難しいですが絵本ならそこまで時間がかからないし簡単なので英語初心者にはオススメな勉強方法です.

イラストでイメージをしながら読める

絵本は基本見開きのページに2文ぐらいの英文とイラストが描いてあります.

その文章にあったイラストがあるのでこの文章では何について描かれているのかをイラストを見ながら理解することができます.

イラストがあることで文章で理解するのではなく画像で単語や文章を理解することが可能.

人間は文章よりも視覚情報の方が記憶に定着しやすいので英語を勉強するときには絵本を読むことはとてもいい勉強方法です.

簡単に読むことができるので自信がつく

絵本は簡単な文章とイラストで構成されており英語学習者にとってもわかりやすい書籍です.なので1冊読むのに1時間もかかるなんてことはありません.簡単なものだと1分足らずで読んでしまうことができちゃいます!!

絵本を読むことができれば達成感を感じることができるので次の本をまた読もうとなりますし,絵本だけを読んでいると1日で10冊以上読むことは簡単です.

僕も大学の図書館で一番優しいレベルの絵本を10冊一気に借りましたが1時間で読み終わることができました.次の日には43冊借りて2時間かけて読み切ることができました.そして次の日はまた11冊借りて読んだので3日で64冊を読破しました.

(一日で43冊読んだ時の写真)

 

たくさんの本を読むことで自分に達成感が湧きもっと読もう,もっと英語を勉強しようと感じるようになります.

僕の目標は今年中に絵本を500冊以上読破しようと思います.

大学を卒業するころには大学の英語の本を全て読破したいなと考えています.

多分その頃にはTOEICは900点以上で英語も今よりも流暢に話せるようになってると想像しています.

前置詞をイメージで捉えることができる

これは20冊目を読み終わるころに気づいたんですが,イラストがあるので前置詞をイメージで捉えることができるなと感じました.

 

例えば「at」

at は前置詞で「〜に」「〜で」などの意味があります.

使うイメージとしては場所を表します.

使い方としては Let’s meet at the station.(駅で会いましょう)

 

他にも方向・目標・動作の対象を表す

Look at that cat. (あの猫を見てください)

このような文章と一緒に駅や猫のイラストが書いてあります.

 

こんな感じの文章で書かれています.

なのでこの単語はどんな場面で使うのかをとても理解しやすいので問題集などを使うよりも覚えやすいので最初の勉強としてはとてもいい教材だなと思います.

英語を勉強してる感覚がなく勉強できる

絵本なので本を読んでいるときに問題を解いたりすることはなく,,長い文章ではないので長文読解をしてる訳ではありません.

なので楽しみながら英語の勉強することができます.時間をかけずに読むことができるのでスキマ時間に読んだり寝る前に10分だけ読むだけでも英語力が向上するきっかけになるのではないかなと思います.

いきなり問題を解いたりするのが億劫な人にはとてもいい勉強方法かなと考えています.

英語の絵本を読むときに気をつけたいこと

英語の絵本を読むときに僕なりに考えた気をつけておきたいことが3つあります.

同時に英文法を勉強する

もし英語の文法を全く理解していない人は同時に英文法を勉強することをオススメします.

絵本にも過去形,過去進行形,関係代名詞などがたくさん出てきます.

 

もし文法が分からないと理解することができない場合が出てくると思います.

そのために文法が定着することを同時すると文章をはっきりと理解できることに近づきます.

僕も英文法は完璧ではないので忘れないように復習しています.

英文法が理解できていないとなんとなくでしか理解できないので後から苦労すると思うので英文法の理解はとても大切なんじゃないかなと考えています.

分からない単語があれば調べる

英語の絵本を読んでるときにたまに分からない英語が出てきます.なのでその都度分からなかった単語を調べてまとめておけば自分が知らなかった単語を理解することができます.

僕の場合はふせんに分からなかった単語を書いて置いてあとでまとめています.

その都度理解すると次に読むときに新しい単語を理解しているのでどんどん単語量が増えていきます.

毎回調べるクセをつけるのは自分のためですね.

完璧な理解を求めない

(20分ぐらいで10冊ほど読み終わりました)

絵本を読んでいるときに文章を完璧に日本語訳できるかなどを毎回意識する必要はないかなと思っています.毎回それを気にしていると本を読む量が少なくなり英語を読む量が少なくなってしまいます.

英語の多読は英語力を向上するにはとてもいい勉強方法です.

なので最初は完璧を求めずにたくさん英語に触れる機会を作りましょう.

セブで語学学校を経営されている元アップル社で働いた経験もある松井さんのnoteになぜ英語力をあげるには多読が大事なのかが分かりやすくまとめてあるのでぜひ読んで見てください.

 

考えてみれば僕たちも日本語をたくさん読んでたくさん聞いたから日本語が上手くなっています.そう思うと当たり前と言われれば当たり前ですよね.

 

僕もこれから絵本から多読を初めて最後にはハリーポッターぐらい読めるぐらいまでになりたいと思っています.多読を始めて自分の英語がどう変わったのかは数ヶ月後に別の記事でまとめてみようかなと思います.

 

公共の図書館や大学の図書館に行けば無料で読むことができるので図書館のサービスを利用してみるのもいい手段ですね.

 

(大学の英語コーナー)

僕は卒業するまでにここの本を全部読もうと思います.

多分読めるはず…

英語の絵本を読んで勉強しよう

僕が英語の絵本を読んでみてとてもいい勉強方法だなと思ったのでまとめてみました.

ぜひみなさんも英語の絵本をたくさん読んでみてください.

絵本を多読してみてどう変わったかはいつか記事にしたいと思います.

今回は以上になります.

関連記事はこちら

NativeCampなら【回数無制限】でオンライン英会話ができる【初心者にオススメ】

語学相互サービスlang-8の使い方をまとめてみた【画像有り】

留学前に英語の勉強法が分からない僕が英語が出来る先輩に勉強法を聞いてきた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください