英語を勉強する環境を国内で作る方法【日本でも英語はできる】




Pocket

こんにちは.橋本一馬(@kaz0901)です.

 

女の子

これから英語の勉強をしたいけどどうしたらいいのか分からない.勉強方法も教えて欲しいけど自分の周りに英語を使う機会がないのでまずは英語に触れる機会を増やしたいけどどうすればいいのかな?

 

こういう疑問に答えます.

 

この記事を書いてる僕は休学をして半年間の語学留学を終え,帰国後に英語を使う機会がとても減ってしまっていました.

そこで試行錯誤しながら英語に触れる機会を国内でもたくさん作ることが出来たので今回は国内で英語を勉強する環境を作る方法をまとめようと思います.

日本でも英語に触れる機会を作ることは簡単です.

国内で英語を勉強する環境を作れる理由

国内で英語を自分で勉強する以外で作ることは簡単です.

理由はWebサービスやSNSが発達しているから

使い方次第では国内で英語に触れる機会を作ることが出来ます.

昔ならそこまでSNSやWebサービスが発達していなかったので英語に触れる機会を作ることは難しかったかもしれませんが今は色々と手段があるので可能.

英語を使う環境を作ることが出来ないのはあり得ないかなと思います.

英語を使う環境を作る5つの方法

携帯の設定を英語表記にする

ほとんどの人が毎日で一番目にするものはやっぱりスマホです.

一番目にするものを英語表記にしてしまうことが英語に触れる機会を圧倒的に増やすことが出来ます.分からなかったら日本語表記に戻してみて何が表示されていたのかを理解できます.

僕も最初は分からなかったら日本語設定に変更して理解しながら使っていました.

 

(僕の待ち受け画面)

毎日英語表記で使っているとだんだん英語に慣れてくるので毎日の生活に英語を入れていくことをオススメします.

ちなみにアメリカとカナダに留学している友人のスマホを見せてもらったのですが二人とも英語表記になっていました.

 

(カナダに留学してる友人のスマホ)

 

(アメリカに留学してる友達のスマホ)

当たり前のように英語表記でした.

大学で英語の授業を取ってみる

(大学のゼミ)

これは大学生の特権ですが,大学の授業にはどこの大学にも英語の授業があると思います.

僕が大学1年生のときに言語の単位を全て取り終わっていましたが帰国後に再度英語の授業を履修しました.

 

大学で単位を取ることができるし尚且つ英語の勉強をすることができるのでとても効率がよく学習することが出来ます.

 

僕の場合はこれに加えてゼミをアメリカ人の教授のゼミに変更して留学生と関わる機会を作ることが出来ました.この他にも2つ英語で行われる講義を取っています.

 

このおかげで大学の単位を取得しながら英語を勉強することが出来ています.

(授業で日本のデパ地下の調査をしたとき)

留学生と友達になることが出来たのでこれからプラベートで一緒に行動して英語を使う機会を作ろうと計画中です.

大学生の特権なので使える環境は最大限に使いましょう!!

海外の方が集まるBarに行ってみる

(日本酒バーの写真,シンガポールの夫婦がハネムーンで来ていました)

 

日本にも主に海外のお客さんが多いBarやクラブなどがあると思います.

熊本には僕が知ってる中ではクラブはないですが外国人が多く集まっているBarや日本酒のお店などがあります.

 

そういう場所にいけば英語を話さなければコミュニケーションは取れません.

日本に興味がある方が多いので思い切って英語で話しかけてみると色々話すことができる可能性が高いですね.

オンライン英会話を使ってみる

でもいきなりBarに行って見知らぬ外国人にカタコトの英語で話しかけるのは難しい.

「そこまでの勇気はないよ」と思ってる方も多いと思います.

 

じっさい僕も初めて外国人の方がたくさんいるBarに行ったときは一言も話しかけることが出来ませんでした.

僕は自分の英語力のなさと自分の勇気のなさがとても悔しかった.

まずはオンライン英会話から初めて話すことに慣れてからリアルの場で練習の成果を試す方がいいかもしれません.

 

僕は留学を決意したあとに留学までの3ヶ月間ほどネイティブキャンプというオンライン英会話をしていました.

留学が始まると毎日英語でコミュニケーションを取らないといけないのでその前に話すことに慣れたいと思って始めましたが本当に始めてよかったなと今でも思います.

留学が始まり最初の授業で少しは自分のことを話すことが出来ました.

スピーキングを伸ばしたいなら話さないとうまくはならないので簡単に失敗をたくさんできるオンライン英会話は英語初心者にはオススメです.

 

DMM英会話やレアジョブも有名ですが英語学習初心者の方はネイティブキャンプが一番オススメです.

なぜなら主にフィリピン人講師なので日本人にとても慣れています.

なので言葉が浮かばなかったときはゆっくりまってくれますし,とても明るいので話していて楽しい.

 

また他の会社とは違いレッスン回数は無制限なので一日に何回も受講することが出来ます.

1ヶ月レッスン無制限で5980円

1日1回の1ヶ月30回でも1レッスンあたり198.3円と破格な安さです.

 

英会話教室なら通う時間もかかりますし週1回で数万円したりします.

オンラインなら通う時間もなく常に自分の練習をすることが可能になるのでとてもコスパがいいですね.

 

僕は留学前は1日8回していて合計1ヶ月に80回していた時期もありました.計算すると1レッスンあたり74.275円.

いまなら登録するだけで7日間無料体験をすることが出来ます.

「いきなり契約するのはちょっと…」と言う方も自分と合わなかったら7日以内に退会すれば無料で体験レッスンを受講することができるのでお得です.

またネイティブキャンプの特徴の一つでスマホのアプリからレッスンを受けることができるのでどこでもスマホがあればレッスンを受けることが出来ます.

シェアハウスに住む

外国人の割合の多いシェアハウスに住むと自然と英語で会話する機会が増えるので英語を日常的に使っていきたいならシェアハウスに住むのもありかも.

しかしプライバシーの心配がある方や田舎の場合はシェアハウス自体少ないので難しいところです.

英語で独り言をする

いろんな人が独り言を英語で言うと英語の練習になると言っていますが僕もオススメします.

僕は自転車に乗っているときに独り言を英語でしています.

誰も独り言なので聞いていませんし間違ったって練習のなので問題ありません.

 

独り言は相手が必要ないのでオンライン英会話で話したい内容を独り言でレッスン前に練習したり,Barに行ったときに話しかけたい言葉を練習すれば本番にスムーズに言う準備をすることが出来ますしどこでもすることができるので一番コスパがいい勉強法です.

僕は音読を留学中にユーチューブで動画を取ってみました.

自分の発音や声を聞いてみると自分の声や発音が悪すぎてショックを受けましたが練習にとてもなります.

 

まずは覚えた単語やフレーズを独り言から始めるのが一番ハードルが低いですね.

まとめ

今回は日本で英語を勉強する環境を作るための方法をまとめました.

最後に方法をまとめます.

 

  1. 携帯の設定を英語表記にする
  2. 大学で英語の授業を取ってみる
  3. 海外の方が集まるBarに行ってみる
  4. オンライン英会話を使ってみる
  5. シェアハウスに住む
  6. 独り言を英語でする

 

留学に行かずに国内で英語の勉強を進めたいと考えてる方はぜひ参考にしてみてください.

日常生活から英語を取り入れて行きましょう!!

関連記事はこちら

【経験談有】半年の留学で感じる英語を勉強するメリット7つ

【イラストで理解】英語の絵本で英語を勉強する5つの理由

【経験談あり】セブ留学に英語初心者が留学したけど正解でした




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください