セブ留学に準備すればよかったと後悔したモノ10選

Pocket

こんにちは.橋本一馬(@kaz0901)です.

今回なんですけども,僕がセブ留学に準備すればよかったモノを紹介していこうかなと思います.

僕はセブ島にあるサウスピークという語学学校に半年間の留学をしました.そこで生活する中でとても不便に感じたことがたくさんありました.もし日本から自分がちゃんと用意しとけば防げたこともたくさんあったので僕が日本で用意するべきだったと思うモノを10個紹介します.

日本でしっかり準備をすれば現地で無駄なお金,無駄な時間を使わずに済むのでぜひ参考にしてみてください.

セブ留学に準備しなくて後悔したモノ

ここからは僕が留学中で「日本で用意するべきだったな」と思うモノを8つ紹介します.

これを準備して留学するだけで快適さが違うと思います.

ふりかけと味噌汁

まずはこの2つ.日本人が大好きなふりかけと味噌汁です.

基本フィリピンの料理は脂っこいので僕にはあまりあっていませんでした.さらに語学学校の食事は1ヶ月,2ヶ月も留学していると同じ料理が何回も出てきて正直飽きてしまいます.なのでふりかけや味噌汁があるとご飯に飽きて味を変えたいときにすぐに変えることができるので食事に慣れない留学2ヶ月目まではとても重宝しました.

 

 

僕はあまり準備しなかったので現地の町屋マートという日本食が購入できるお店でふりかけや味噌汁を6000円分相当も購入していました.その後も一時帰国した人に頼んでふりかけと味噌汁を3000円分買ってきてもらいました.

 

(一時帰国した時に買ってきてもらったもの)

 

もし僕が日本で準備していればお金を節約できたと思います.もしこれから留学する人は準備しすぎたと思うぐらい準備して丁度いいぐらいなのでふりかけと味噌汁は多めに準備しましょう.

ショルダーバック

2つ目はショルダーバック.留学のときはショルダーバックを準備すると外出のときにとても便利です.

コンビニにいったり,カフェに行くときに携帯と財布が入る程度の小さいバックが一つあると安全です.セブ島は日本よりも治安悪いのでズボンのポケットに財布や携帯をいれておくとスリに会う可能性もありますし、落としたときはほとんど戻ってこないのでバックを用意しましょう.

リュックサックでもいいですが,少しの外出ならショルダーバックで十分です.リュックだと大きすぎて少しの買い物なら不便です.

僕はリュックしか持っていなかったのでクラブにいったときでさえリュックで恥ずかしかったですね.

マスクと薬

3つ目はマスクと薬です.この2つは留学中にとてもお世話になりました.

留学当初は環境と気候にも慣れないので体調を崩しやすいです.僕は留学2日目から喉が痛くこれが3週間継続しました.なので最初の1ヶ月で持ってきた薬とマスクを全て使い切りました.

 

(留学2日目で喉が痛くなり3週間完治しなかった)

総合かぜ薬はあまり効果がないので用意できるなら日本の病院で処方された薬を用意しましょう.現地では日本の総合かぜ薬を購入できますが輸入品なので割高です.

マスクは現地で安く購入できるのでこだわりがなければ最初限を日本で用意するぐらいで大丈夫だと思います.

薬を持ってないと風邪を引いたときに応急処置を自分でできないので高熱が出てしまい入院しないと行けなくなる可能性があります.しっかり準備しましょう.

アイマスクと耳栓

4つ目がアイマスクと耳栓です.

留学中はほとんどの人が複数人で同じ部屋に留学すると思います.ルームメイトにいびきをする人がいれば寝ることに集中することができずに疲れを取れません.

そしてできるならばホッとアイマスクもいくつか持ってくることをオススメします.

勉強に疲れたらたまにホットアイマスクをつけて寝ると疲れが取れるので僕は留学中に何度か使用していました.

ドライヤー

(僕の部屋のドライヤー,すぐにつかなくなってとても困った)

 

留学先のドライヤーは故障していたり,部屋についていない場合があります.ホテルやairbnbでもドライヤーはついていません.

なぜなら基本フィリピン人の髪の毛を乾かしません.フィリピン人は朝からシャワーを浴びて髪の毛がビチョビチョの状態で出勤してきます.

ドライヤーがない場合に備えて日本から自分で準備することをオススメします.

現金とクレジットカード

僕が一番困ったのが現金,お金です.僕は留学先で現金がなくなったらキャッシングをするつもりでしたが,僕のクレジットカードがキャッシングできなくてお金を下ろすことができず日本から海外送金をしてもらって生活していました.

これからセブに留学される方は,現金を余分に準備して留学することをオススメします.

基準としては1日3食提供される語学学校ならば月に3万円あれば生活できますが,余裕を持って1ヶ月5万か6万円ぐらい現金で持っておくと安心です.

注意
フィリピンに日本円で100万までしか持ち込みができないのでそれ以上持っていきたい方はキャッシング機能を使ってお金を下ろしましょう.ほとんどの方は該当しないと思いますが. 

現地でキャッシング機能を使ってお金を下ろしたい場合は自分のクレジットカードにその機能がついてるのかどうかを確認しましょう.またクレジットを1枚しか持ってない人は複数枚持っておくと安心ですし1枚使えなくなってももう1枚あるので安心です.

僕はクレジットカード1枚しか持っていなくてキャッシングもできなかったのですごく困りました.

 

楽天カードは年会費無料で簡単に作れる上に海外保険付帯なので作っておくといいですね.

僕の周りの留学されてる方は結構持っていました.

マスターカードとビザカード両方あると尚更いいですね.

たまにマスターカードだけのお店などもあったので両方に対応できと現地で困ることはないです.

セブ留学の準備はちゃんとやった方がいい

今回は,僕が留学中に準備しなくて後悔したモノを紹介しました.

最後に今回紹介したモノをまとめます.

準備するべきモノ10個

ふりかけ,味噌汁

ショルダーバック

マスク,薬

アイマスク,耳栓

ドライヤー

現金とクレジットカード

この10個を用意するとセブ留学を快適に生活できると思います.

ぜひこの記事を参考にしてセブ留学をいい留学にしてください!!

今回の記事は以上になります.

関連記事はこちら

セブ留学で英語力上げたいなら携帯はいらない【経験談あり】

セブ留学で英語の訛りを気にする前に自分の英語力を上げましょう

サウスピーク留学なら両替は安心です【両替方法まとめてみた】




「本気留学」なら
セブ島のサウスピーク

3ヶ月でTOEIC平均226点上がるサウスピーク。数値的な結果を公開中。転職や就職でTOEICの点数を上げたい人、ワーホリ前の語学留学におすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください